一周忌法要と金額についての詳細

> 一周忌法要と金額について

一周忌法要と金額について

一周忌の法事を行う場合、法要で用意するものとしては線香やろうそく、菓子や供花などを持参するのが本来の姿なのですが、近年では香典袋に現金を入れて、香典を包んで渡すことも多くなってきました。
金額については、それぞれの地域などによって異なりますが、料理代に加えて引き出物の費用を包むのが一般的なマナーです。

相場の金額については、1万〜2万円程度とされていますが、故人との関係性やお付き合いの深さ、血縁関係の有無によって、包む金額は異なります。
もしも、一周忌法要の後の会食に出席しない場合は、会食の費用を含まずにお包みすると良いでしょう。
その際、菓子折りや線香、ろうそくなどを供物として持っていくと良いかもしれません。
また、一周忌法要に出席できない場合、法要が行われる前に供物料を持参するようにした方が良いでしょう。
ただ、遠方でなかなか行けなかったり仕事の都合で事前に伺えない際は、その旨を伝え、行ける時に供物料を送る手配をすれば特に問題ありません。

また、一周忌の法要では、僧侶による読経が行われます。一般的には、亡くなられた翌年の祥月命日に行うか、それを過ぎないように前もって行われます。
この時、遺族は僧侶にお布施を渡すことになりますが、目安となるのは3万〜5万円程度となっています。

ただ、この金額については地域ごとにかなり変わりますので、ご家族や親族、ご近所の方に聞いてみても良いでしょう。
さらに、お布施以外にもお車代をお渡ししなければいけない場合もあります。
これは、自宅に僧侶を招いて読経してもらったケースに必要となり、お布施とは別にお車代として5千〜1万円を目安としてお渡ししましょう。
会食も僧侶に出席していただけるようにお伺いを立てるのですが、僧侶が会食を辞退することもあります。
この場合、御膳料として5千〜1万円を、お布施とお車代以外に包むのが一般的です。

ただ、自宅で会食を行う場合は、お弁当を用意したりすることもできますし、自宅ではない別の場所で会食を行うことも可能なため、僧侶の負担にならないように配慮するのも大切です。

一周忌のお布施は、白の無地の封筒などに現金を包みます。その際、裏側に金額と住所を書けば問題ありません。
また、お布施やお車代というのは、直接手で渡すものではありません、小さなお盆に乗せてお渡ししたり、ふくさを使って渡すのが基本です。

わからないことは、年配者に質問して色々聞いてみたり、このような場合はどうすれば良いのかなど相談をするのおも良いでしょう。ネットを使って調べたりしながら、情報を集めることができます。
わからないのは当たり前のことですので、何も不安になることはありません。


●便利・わかりやすい冠婚葬祭マナー&ビジネス知識
一周忌について、簡単な意味の説明と法事法要の準備、流れ、会食、納骨、服装や持参する不祝儀について詳しく記載されているサイトです。

http://www.jp-guide.net/manner/ao/1-shuki.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。