浄土真宗の戒名料の相場の詳細

> 浄土真宗の戒名料の相場

浄土真宗の戒名料の相場

仏門に入った証として、出家や受戒した者につけれられる名前が、いわゆる戒名と言われているものです。戒名がつけられた者は、仏様の弟子として仕えることになります。
仏教の考えでいくと、出家した僧は極楽にいくことができるとされています。故人においても、仏門に入るために戒名を与えるのが一般的となっています。
故人に戒名をつけることで成仏することができると言われているのです。わかりやすく言えば、あの世での新しい名前が戒名ということになるわけです。
ちなみに、仏教以外では戒名は必要ないとされていますが、浄土真宗においても、戒律がないため戒名はありません。
ただ、戒名がないとはいっても、法名という形で戒名のようなものが存在しています。

戒名料というのは読んで字のごとく、戒名をつけてもらうにあたって発生する料金のことを指していますが、戒名自体に、この値段でなければいけない、あの値段でつけなければいけないと値段が決まっているわけではありません。
つまり、戒名をつけてもらった僧侶への、お布施やお礼という形で家族からの気持ちとして戒名料を払うのが一般的です。

地域によって、戒名料など金額に関する部分については異なるところも多いのですが、お布施の中に大半の戒名料は含まれています。
近年は葬式を行った際に、葬儀社を通じてお布施を納めることが多くなってきていますので、一括で戒名料を含めた料金を支払うことになります。
戒名料については、全国平均だと40万円ほどが相場だと言われています。ただ、浄土真宗においては、釋○○の場合10万〜30万円程度、○院釋○の場合、50万円〜というのが相場となっています。
もちろん、この金額は目安ですので、地域ごとや院号のランクや戒名の文字数や、そのお寺ごとで異なります。
戒名料の金額は、どれも目安にしかならない部分もありますので、祖母をはじめとしたこれまで葬儀を取り扱うことが多かった家族や、檀家代表の親戚など詳しい方に聞いてみたり、菩提寺のお坊さんに相談をすれば、気持ちよく戒名はいくら位の金額が相談にのってくれる場合もあります。

それでも、いくら位包めばわからない時は、戒名料などの金額に詳しい葬儀社の方に聞いてみても良いでしょう。
葬儀を取り仕切るというのはめったにあることではありません。葬儀代の他に読経代、戒名代、法要代など葬儀関係にはいくら位のお金がかかるのか一度自分たち家族で話し合ってみるのも良いでしょう。


平均よりも低い、平均に届かない金額だからといって、それがいけないというわけではありません。
その過程で経済的な事情もありますし、本来のお布施の意味を考えればその人の気持ちやお礼の形であり、故人や遺族の、戒名料をつけてくれたお寺や宗派に対する気持ちが一番大切ですので、あくまでも金額は目安として捉えておくことをお勧めします。
身近に相談にのってくれる方がいれば、わからないことはどんどん聞きましょう。聞くことは、決して恥ずかしいことではありません。

●お寺ネット
戒名の相場やランクについて、宗派ごとに詳しく目安の金額を記載しているサイトです。

http://otera.net/?page_id=115


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。