戒名料のない浄土真宗の法名の相場の詳細

> 戒名料のない浄土真宗の法名の相場

戒名料のない浄土真宗の法名の相場

仏教の数ある宗派の中にあって、浄土真宗では他の宗派で戒名にあたるものは法名といいます。
本来は新しく仏門に入った人が授けてもらうことができるものです。もう少し詳しく言えば、帰敬式を受けることによってもらうことができる名前です。
このようなことから生前に授けてもらうことを推奨していますが、菩提寺でない場合には故人となってから授けてもらうこともできます。
法名は院号・釈号・法名で構成されていて、釈号の頭には必ず釈・釈尼をつけます。戒名ではないので戒名料は存在しませんが、法名料でネットなどを検索すれば相場を知ることができます。

ほとんどの場合、葬儀には仮の白木の位牌を用意して戒名を刻み故人の供養をしますが、浄土真宗では位牌がありません。その代わりとして、法名は掛け軸にして仏壇の側板にかけて供養をします。
しかし、故人の追善供養をするにあたり、故人の代わりとなるものが欲しいということから院号・釈号・法名・位号を用いた法名を授けてもらって位牌を作る人も増えています。
遺族の気持ちとしては最前・最良の供養を願っています。そのため、法名も最高位のランクでつけて欲しいと考えるのも不思議ではありません。

ところが、浄土真宗では事情が違っていて相場というものがありません。常識に外れたことをしないためにはお布施の相場を確認しておくと安心なのですが、法名はランクがないので調べることができません。
直接お坊さんに法名代はいくら位が相場なのか確認をすると、ほとんどの場合「お気持ちで」という回答しか返ってきません。たとえば、生前に法名を授かるために本山で帰敬式を受けた場合の費用の相場は1万円で、文字を指定した場合には2万円が相場です。
しかし、故人となってから法名を授けてもらう場合には、基本的には無料なので、帰敬式のお布施を相場として納めておけば問題はありません。もし菩提寺が浄土真宗であるならば、同じ檀家の親せきに相談をするのが一番適当です。
または、父母や祖母などを中心に家族で話し合っても良いでしょう。作法や相場、しきたりなども地域や身内の風習で違いますしそれぞれの事情を調べながら妥当な金額を探してみましょう。

一部のお坊さんが相場として、釈は20万円から30万円、院釈の場合には50万円から100万円と提示していますが、大半はこのような高額ではありません。
さらに、院号は本来は格の低いお寺ではつけることができないことになっていますので、依頼をしてつけてくれた場合には、高額な費用が必要になるかありがたみがないかのどちらかです。
他の多くの宗派が数十万円から数百万円という高額な戒名料の相場を示しているので、あまりの落差に拍子抜けするかもしれません。
故人の供養を考えた場合、法名の費用が安すぎてどうしても心配なら、直接お坊さんに法名料はいくら位なのか金額や相場問い合わせをしたほうが納得できます。


●金光泰觀墓相研究所
浄土真宗の法名の構成や使う文字の意味、帰敬式の儀式についても詳しく説明しています。浄土真宗は他の宗派と違い戒名はないので色々と違いを知っておくと葬儀の際に役立ちます。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~boso/kaimyo/kaimyo_06.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。