曹洞宗における戒名料の相場の詳細

> 曹洞宗における戒名料の相場

曹洞宗における戒名料の相場

葬儀の際に白木の位牌に書かれているのは故人が授かった戒名です。これは現世での名前である俗名を失った故人が浄土で使用する名前のようなもので、仏の弟子となったという証でもあります。
仏教に入門していたり、仏門と密接にかかわった生活をしていて仏門に帰依した場合には生前に授けてもらうのが一般的です。

しかし、檀家ではない家や葬儀以外ではお寺の住職とのかかわりや付き合いが希薄な生活をしている人が多い現代社会では、多くの人が葬儀の際に初めて授けてもらいます。
菩提寺があればそこのお坊さんに読経や戒名を依頼しますが、遠方である場合には近くの同じ宗派のお坊さんに依頼します。

また、菩提寺がない場合には、葬儀社とは別にお坊さんを探して葬儀での供養を依頼しなければなりません。いずれの場合もお布施として読経料と一緒に戒名料をお布施として納めます。
お坊さんの知り合いがいない場合には、葬儀社に相談すれば提携しているお寺の住職を紹介してもらうこともできますし、インターネットサイトで明確な料金設定と一緒に確認することもできます。

数ある宗派の中で、曹洞宗は道元禅師を開祖とし釈迦牟尼仏をご本尊としています。
曹洞宗の戒名は院号・道号・戒名・位号で構成されているのですが、院号がつけられるのは特別な場合に限定されています。一般的なものは院号を用いない構成となっています。
院号というのは、信仰心の篤い檀家や信者にのみ授けることができるもので、お寺や社会に多大な貢献をしたことを称えるという意味合いを含んでいます。
一般の人が授かっている中で高位の位号は居士・大姉で、大居士・清大姉には院号もつけられます。一般の成人は信士・信女を用います。

また、両親や先祖が曹洞宗で戒名を授かっている場合、亡くなった家族である故人が同じお墓に入るのであれば同じ宗派からつけてもらいます。
また、位号についても注意が必要です。子孫繁栄は喜ばしいことなので、先祖を超える分には喜ばしいことですが、両親よりもランクが下の位号であると親戚筋に対して肩身が狭い思いをすることがあります。
経済的に許す限り同等もしくは上のランクにすることが望ましいです。釣り合いやいくらくらいの費用が予定としてかかるのかは、お坊さんに相談をすると安心です。

請求書や明細書にハッキリと金額として書いていない部分だからこそ、檀家同士や祖父母、お寺の住職、葬儀屋、サイトなどで相場の金額がいくらくらいなのか確認し、準備をしておくと安心です。
戒名は元来は費用が発生するものではありせんが、感謝の意をお布施に託して表すことは必要です。商品を購入するように具体的な戒名料などは決められていないので、一般には相場を参考にして納めます。宗派によって違いはありますが、お寺の格、地域によっても若干の違があります。一般ランクの信士・信女なら下限は30万円で、推奨ランクの居士・大姉は50万円から70万円が相場です。これ以上のランクになると院号がつきますので、100万円が下限となっています。供養の気持ちはお布施に比例しているわけではありませんので、身の丈のランクを選べばよいです。

●金光泰觀墓相研究所
曹洞宗の戒名構成や主な位号について細かく説明しているサイトです。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~boso/kaimyo/kaimyo_08.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。