真言宗における戒名料の相場の詳細

> 真言宗における戒名料の相場

真言宗における戒名料の相場

仏教には複数の宗派がありますが、根底に流れる教えは共通しています。戒名に対する考え方も共通していて、仏教を信仰して修行を積み、仏の弟子と認められたものに与えられます。
現代は葬儀の際に読経と一緒に戒名料をお布施として払いますが、本来は生前に戒名を頂くというのが正しいあり方です。

また、信仰している菩提寺の住職から授けられるもので、本来は対価を支払うような類のものではありません。
しかし、日常生活において仏教と密接なかかわりを持った生活をしていない場合には、葬儀を出すことになって初めて故人に対して戒名を授けてもらうよう依頼するのが一般的です。
戒名料は葬儀社の明細書には記載されないのが普通で、お坊さんに直接お布施として納めます。

ほとんどの戒名は院号・道号・戒名・位号で構成されていて、一番下には霊位という置字をします。真言宗の場合にはかつては院号をつける慣習はありませんでしたが、最近では用いるケースもあります。
お坊さんは膨大な仏典の中から故人にふさわしいものを選び出して付け、一部に故人の名前を盛り込むこともあります。
そして、戒名は位号によってランク分けされていて、お寺や社会に多大な貢献をした人の場合には特別なものが選ばれますが、檀家でもなく修行も積んでいない成人には居士・大姉を用いることが多いです。

戒名は故人が浄土で使用する名前のようなものですが、位牌にも刻んで自宅での追善供養に利用します。
位牌の一番上には梵字をいれますが、真言宗では成人の場合には故人の霊が大日如来の教えに帰入することを意味する「ア」を刻み、15歳以下の場合には地蔵菩薩に導かれることを意味する「カ」を刻みます。
葬儀の時には白木の位牌で供養をし、四十九日までに漆塗りなどの黒い本位牌に改めます。本位牌に改めないままでいると成仏できないといわれていますので、間に合うように発注することが必要です。
そして、葬儀で使用したものは菩提寺に納めて供養をしてもらいます。

戒名を授けてもらったら、感謝の気持ちをお布施の形で表します。戒名料という人もいますが、商売ではないのでお布施として納めます。
明確な価格はあるようでないのですが、相場金額を目安にすると世間に恥ずかしい思いをしなくて済みます。

お布施は、菩提寺の格、宗派、地域などによっていろいろな考え方がありますが、概ね位号によって費用が分けられています。
生活の事情などによってあまり高額なものを付けられない場合は、その事情をお話ししてお布施の金額を相談すれば嫌な顔をされる住職は少ないと思います。

真言宗の場合、信士・信女で30万円から50万円、最も多く利用されている居士・大姉だと50万円から70万円が相場です。
これより上の格には院信士・院信女、院居士・院大姉などがありますが、利用するためには菩提寺や社会に貢献していることが条件としてありますし、お布施も100万円以上納めるのが相場となっています。


●お坊さんjp 戒名授与
戒名の付け方や本来の考え方、戒名の意味について詳しく説明しているサイトです。フリーダイヤルで直接相談や問い合わせをすることも出来ますし、各宗派の寺院住職や副住職が戒名を授けるサービスも行っています。
生前戒名も受け付けているので、まずは相場の確認や金額、希望を質問し情報収集をするのがオススメです。

http://e-kaimyou.jp/info.shtml


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。