浄土宗で納める戒名料の相場の詳細

> 浄土宗で納める戒名料の相場

浄土宗で納める戒名料の相場

故人となった時に必要となるのが戒名です。簡単に言ってしまえば、現世での名前である俗名は失ってしまうので、浄土での名前が必要となるということになるのですが、もう少し神聖な言い方をすると、浄土で仏の弟子として迎えてもらうための名前です。
これは仏教独自の考え方で、キリスト教などにはありません。たとえば菩提寺が浄土宗である場合には、授戒、五重相伝を受けて生前に授けてもらうほうが良いと言われています。
また、戒名という考え方が起こったのは日本であるとも言われていて、そのため普段はお寺とのかかわり方が希薄であったとしても、葬儀などでは仏教の慣習に従って故人を供養するケースが多いです。

戒名をつけてもらった場合には対価のお金を納めますが、戒名料というものは実際には存在しません。いくらという固定した金額はなく、お気持ちで包めば良いと言われるものの、実際はいくらでも良いというわけではありません。
宗派や戒名のランク
相場お布施に含んで読経料と一緒にお坊さんに納めるのが一般的です。
浄土宗での相場は他の宗派と大きな違いはありませんが、戒名のランクによって費用が異なります。戒名は院号、誉号、戒名、位号の4つで構成されていて、他の宗派では見られない特徴は誉号です。文字数もそれによって異なってきます。
これは、かつては五重相伝を受けた檀信徒やお坊さんにのみ与えられていたもので、現在ではすべての人が授かることができるものです。また、浄土宗のもうひとつの特徴は位牌の上に梵字が刻まれることです。
成人は阿弥陀様をあらわす「キリーク」、子供には地蔵菩薩をあらわす「カ」を刻み、それぞれに導かれて浄土にて仕えることを意味しています。

戒名料は種類によっていくらの金額になるのか相場があるといわれていますが、本来は依頼してつけてもらうものではなく、修行をした証として授かるものです。
そのため、費用が発生することはないのが本来の姿です。しかし、最近では真言宗の信徒として活動したことがない、菩提寺がなく檀家ではないという人が増えていることから、一時的でも信徒として認め、故人に対して回向を行い供養をするのが仏の道であるとして、お布施を納めればお寺に貢献をしたと認めています。
お布施として納める金額は、信士・信女で30万円前後で上限は50万円となっています。また、もう少し上のランクなら50万円から70万円、院信士・院信女ともなると下限が80万円となっています。
そして最高ランクの院居士・院大姉は下限が100万円で上限は特に決まっていません。また、浄土宗と似たような宗派名に浄土真宗がありますが、相違点が多いので、葬儀の際のみ依頼するような場合には故人のためにも混同しないよう注意が必要です。

自分の宗派や地域の風習に自信が無い人は、祖母や父母など詳しい親戚に聞いたり、菩提寺がある場合は菩提寺の住職に確認したり、檀家同士どのようにしているか聞いたり、葬儀屋のスタッフに質問したりするのもオススメです。
どうしても詳しい人が周りにいなかったり、今更人には聞きづらいという場合は、インターネットでも色々な情報を見ることが出来るのでまずは検索してみることもオススメです。


●お寺ネット
人生相談や仏事相談にのってくれるサイトです。宗派や戒名のランクごとに異なる戒名の相場について分かりやすく説明しており、それぞれの宗派ごとに詳しく記載されています。

http://otera.net/?page_id=115



運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。