生前に戒名を受けて修行に励むのが本来の姿の詳細

> 生前に戒名を受けて修行に励むのが本来の姿

生前に戒名を受けて修行に励むのが本来の姿

戒名は位牌や塔婆に必要だからつける、と勘違いをしている人がいますが、少し違います。
人は故人となった時に生前の名前である俗名を失い、浄土での名前として戒名を使用します。
最近ではお寺とのかかわりが希薄となっている人が多いことから、葬儀の席で初めてお坊さんに依頼するケースが少なくないということもあり、戒名は亡くなってからつけるものという認識が広まっています。
ところが、仏教の立場からすると、仏の弟子になることを認められて初めて使える名前なので、修行をして仏の弟子として認められた生活を送るためには生前に戒名を授かることが理想的ということをご存じでしょうか。
葬儀においては、僧侶によって現世から浄土へ送り出してもらうために必要な名前だという考え方もあります。

通常、葬儀にお坊さんを依頼すると1人で通夜から本葬まで仕切ってくれますが、地域や宗派によっては引導と呼ばれる役割のお坊さんが別に2人つくことがあります。
引導の役割は故人を現世から浄土まで迷わず導くことで、「引導を渡す」の語源ともなっています。お坊さんが回向をしてくれている間に浄土への道を見つけることができると言われています。
ただし、引導が付き添ってくれると言うことは、その分お布施が割増になるということでもあります。俗物的な考え方ですが、現世で生活をしている以上、お布施に包む金額を知らないわけにはいきません。
お布施はそれぞれに渡すのではなく、お坊さんに読経のお礼と戒名のお礼を合わせて包み、引導の分も含めて包みます。
お布施は葬儀の場合には平均的な読経の回数分の費用と、平均的な戒名の費用の30万円から50万円で、引導の分は1人あたり5万円を上乗せします。

この辺の金額については、真言宗や浄土宗、臨済宗、曹洞宗などの細かい宗派や地域、檀家ならではの風習によっても異なる場合がありますので、信頼できる別の檀家に確認したり、お寺の住職に聞いたり、葬儀屋さんに質問するのが良いでしょう。
引導は呼ぶか呼ばないかではなく、地元や宗派ごとの慣習によるものです。愛知県などはこの傾向が多い地域です。東京をはじめとする関東圏ではお坊さん1人というケースがほとんどです。

これが生前、本人が事前に戒名を授かっている場合には、葬儀には読経のお礼のみを包めばよいので、かなり費用を抑えることができ、無事葬儀を終えることができます。
ただし、菩提寺がある信者ならば問題はありませんが、生前に戒名をつけてもらうケースとして考えられる注意点は菩提寺がない場合です。
もしも、葬儀をお願いしたお坊さんとすでに持っている戒名の宗派が合わなければ、断られることもあるということです。
建前では宗派は問わない、となっていますが、必ず受けてもらえるという保証はありません。このようなリスクを理解したうえでつけてもらうことをおすすめします。

まずはいくらぐらいの金額がかかるのかお寺や住職、霊園、お寺関係者、葬儀屋などに確認しても良いですし、パソコンで信頼性のあるネットサイトを探し出し、ネット申し込みをすれば、事務的処理の後に戒名をつけてくれるところもあります。


●位牌と戒名のまめちしき
位牌と戒名について丁寧に説明しているサイトです。戒名をつける意味や考え方を解説しているので、知識を増やすことができます。宗派によって金額は異なりますが、戒名の大まかな意味や考え方について基本的な知識を増やしたい人には最適のサイトです。
お寺との付き合いがなかったり、檀家ではない場合、お寺の住職に聞く機会もないのでネットで知識を増やすのもオススメです。

http://www.butsudanya.co.jp/knowledge_ihai.html


●戒名の会
戒名のお布施が3万円と格安の金額でつけてもらうことができます。フリーダイヤルに問い合わせれば、生前戒名についても受け付けてくれます。
没後戒名や通夜、葬儀、納骨や法事についても申し込みをすることで丁寧に対応してくれます。

http://111.or.jp/kaimyou/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。