最高ランクの戒名をつけるにはの詳細

> 最高ランクの戒名をつけるには

最高ランクの戒名をつけるには

仏の弟子となった証として付けてもらえるのが戒名で、一般的には故人となって現世での名前を失った代わりに浄土での名前として授かるものです。
浄土では人はすべて平等というのが仏教における考え方ですが、戒名にはランクがあります。多くの宗派にある最高ランクは院殿大居士です。

戒名のランクの中で一番一般的なものは、信士と信女です。そして、良い戒名としてさらに上のランクが居士と大姉。世の為に尽くした立派な人へ
与えられるときには院号がつきます。ランクが上がるにつれて戒名の文字数が6文字戒名、9文字戒名、11文字戒名と異なり値段も高くなってきます。

また、真言宗や浄土宗、臨済宗、曹洞宗など宗派でも金額は違い、15万程度〜500万以上など相場もそれぞれです。家族とよく相談し、読経料も含めていくらぐらいの値段になるのかお寺の住職に質問するのも良いと思います。
親しいお寺がいない場合は、葬儀屋の相談員に聞けば、一般的な相場や手続きを教えてくれますし、人に聞きづらい場合はネットで葬儀相談サイトがあるので気軽に確認することが出来ます。

本来は誰もがもらえるというものではなく、菩提寺や社会に対して大きな貢献を残した人がもらえる特別なものとなっています。
その上、お布施として納める金額は数百万円とも天井知らずとも言われており、最低でも500万円以上が必要とされています。
最高ランクの戒名をつけてもらうには財力も大切な条件のひとつとなっています。

戒名の最高ランクである院殿大居士の歴史は古く、足利尊氏であると言われていて歴代の大名が多く使用しています。
現代においては、歴代の内閣総理大臣経験者や政治家、大企業の創業者などが付けている例が多くあります。
なお、女性の場合には院殿大姉となります。
先祖の多くが最高ランクの戒名を付けてもらっている檀家なら、世間体もあるので、夫婦、親子などのバランスを考えて同じランクをつけるようにするのが一般的です。
しかし、高いランクをもらい続けるのは並大抵ではありません。

ただし、最高ランクの戒名は誰もがつけられるものではありませんので、庶民にとって最高ランクは院号居士・院号大姉となります。
この場合も、社会的な貢献をしているなどの条件が一応ありますが、希望すれば、お布施さえ用意できれば誰でもつけてもらえます。
相場は100万円と言われていますが、菩提寺の格、宗派、地域の特性などの要因によって幅があり、20万円というところもありますし50万円というところもあります。
信頼できる檀家に確認したり、菩提寺に直接たずねても問題はありません。

ただし、戒名がない仏教の宗派もあります。基本的に浄土真宗や日蓮宗には戒名という考え方はありませんので、菩提寺となっている場合にはつけることはできません。
菩提寺がなく、葬儀での読経のために依頼したお坊さんについても、宗派によっては満足できる戒名が付かないこともあります。
最高ランクであることが浄土において特別待遇を受けられるわけではありませんが、どうしても最高ランクをつけたいと願う場合には、格安でつけてくれるお坊さんの派遣サイトを利用するという方法もあります。
お布施とは違い、全てが価格設定されているビジネスライクのサイトになっていますので、安心して依頼できます。

●無料葬儀相談室
宗派や文字数によって異なる戒名料の目安について解説しているサイトです。サイト上の説明よりも詳しく知りたい場合は、メールや電話でも直接問い合わせることができます。

http://www.sougi-soudan.com/basic/list_nameprice.html


●小さなお葬式
葬儀関係の疑問や不安をしっかりと解説し、サポートしてくれるサイトです。人には聞きづらい葬儀費用のことや一般的なしきたりなど、24時間対応のフリーダイヤルにていつでも相談が可能です。
ランクにより異なる戒名の相場や基準も説明してくれます。

http://www.osohshiki.jp/column/article/96/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。