法事や法要の際のお布施の詳細

> 法事や法要の際のお布施

法事や法要の際のお布施

葬儀をはじめ法事や法要の際に、僧侶に読経をあげてもらったりした場合、お布施という名のお礼をお渡しするのが一般的です。仏式において必要な儀式を行ってもらった謝礼と言えるでしょう。法事や法要のお布施の金額というのは、地域差やお寺との関係などによって異なる部分が大きいものの、一般的には、1万〜5万円程度とされています。金額に差がありますが、僧侶に読経をあげてもらう際にお渡しするものであり、回忌数や呼んだ親族などの数に関係なく、僧侶に来てもらって読経をあげてもらった時には必ず必要となります。読経をあげる前ではなく、僧侶がお帰りになる時にお布施をお渡しするのがマナーです。ただ、僧侶が会食の席にも同席する場合は、会食後、僧侶がお帰りになる際にお布施をお渡しします。また、僧侶に自宅まで来ていただいた際は、お車代も必要です。お車代については、5千〜1万円程度とされています。そして、会食の席に僧侶が出席されない場合は、御膳料として5千〜2万円程度お包みします。

基本的には、葬儀や通夜は薄墨で字を書くのがマナーですが、お布施の場合は、薄墨ではなく普通の墨で書きます。お車代や御膳料についても同様です。これらの謝礼を僧侶へお渡しする時、手渡しするのは失礼にあたるとされています。ですから、小さなお盆に乗せてお渡しすることを覚えておきましょう。お布施を乗せるためのちょうど良い大きさのお盆がない時は、ふくさの上にお布施やお車代を乗せて僧侶にお渡しすれば良いでしょう。

近年では、お寺とのお付き合いも少なくなってきており、直接僧侶に法事や法要の依頼をすることも少なくなってきました。ですので、僧侶と話をすることはもちろん、相談するようなこともほとんどありません。そのため、お布施について、いくら包めばいいのかを聞くことは、いけないように感じてしまうかもしれません。しかし、関係が薄くても、お寺に問い合わせて聞くことはもちろんできます。「お気持ちですので、金額に決まりはありません」と答えるお寺がほとんどですが、「みなさんはどれくらい包まれていますか」と聞くと、ある程度参考になる金額を教えてくれる場合もあります。

このような機会でもない限り、お寺の方とお話しする機会はほとんどありませので、これを良いきっかけだと考えて、お布施などについてお寺に相談してみると良いかもしれません。もちろん、自身で調べられる部分については調べておくことも大切です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。