葬儀のお布施はどうするべきかの詳細

> 葬儀のお布施はどうするべきか

葬儀のお布施はどうするべきか

法要や法事の際に必ず必要となるのが、お布施です。葬儀など法事が営まれる時というのは、僧侶に読経をあげてもらって供養するのが、仏式の基本中の基本となっています。僧侶には、葬儀はもちろんですが、通夜や告別式、初七日の法要まで、一緒に供養してもらう場合も多くなってきています。

一生のうち数回しかない喪主の立場ですから、わからないことだらけなのは当然です。ただ、周囲に葬儀について詳しい方、お布施の金額等について事情を知っている方などがいる場合は、相談しながら金額を決めていくこともできます。さらには、檀家の方やお寺に直接問い合わせるということもできますので、葬儀の際に包むべきお布施の金額がわからない時は、聞いてみるのもひとつの方法です。

ただ、中にはお寺とのお付き合いが全くない状態で、葬儀を営まなければいけないケースもあります。近年では、葬儀社を通じて葬儀を営むことも多くなっていますので、すべて葬儀社にお任せすることができます。お布施の金額についてもあらかじめ決まっていたりしますので、このような場合には、包むべき金額については悩まずに済むかもしれません。

葬儀の時は、お布施を包む額について、なかなか決められない部分も多いものですので、地域や家庭の事情などを考慮しながら、気持ちを包むことも大切です。金額を直接訪ねることは、決して失礼なことではありません。相場はあってないようなものと言われている葬儀のお布施ですが、全国の平均的な額は15万〜50万円程度とされています。相場でもかなり差があることからもわかるように、地域やお寺との関係性などによって、かなり異なってくるのです。

また、葬儀社を通じて葬儀を営む際は、お布施など葬儀にかかった費用はすべて葬儀社にお支払いすることになります。逆に、お寺で葬儀を営む際は、僧侶にお布施をお渡しするのですが、葬儀がすべて終了してから「本日はありがとうございました」という言葉を伝える際に、一緒に渡すのが一般的だと言われています。小さなお盆に乗せてお渡しするか、ふくさの上にお布施を置いて僧侶にお渡しするのがマナーです。葬儀後、お渡しする時間がなさそうな時は、葬儀が始まる前にお渡ししても良いでしょう。

こうしなければいけない、ああしなければいけないと決まっているわけではありませんが、年配の方や檀家、葬儀社や僧侶に直接相談をしながら、無事に葬儀が営まれるようにしていくことが大切です。

★葬儀のお金が足りない!!そんなときにお金を用意するためのコツ
大至急お金が必要な時の対処法


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。