年忌法要と金額についての詳細

> 年忌法要と金額について

年忌法要と金額について

年忌法要とは、故人を偲ぶための法要で、故人が亡くなった翌年に行われる一周忌から始まり、一周忌の翌年に行われる三回忌、7年目に行われる七回忌、さらには十三回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、最後の三十三回忌まで営み、三十三回忌をもって永年供養とし、年忌法要を終了するのが一般的です。それ以降は、五十回忌、百回忌となり、その後10年目ごとに法要を営みます。

基本的に、どの法要においても、親族や遺族のみで行われることが多くなってきていますが、一周忌、三回忌までは、遺族や親族の他に、友人や知人などが参列する場合もあります。僧侶による読経の後に焼香を行い、その後には会食の席が設けられます。

七回忌法要は、遺族や親族のみで集まって行われることが多い傾向にあります。十三回忌以降二十七回忌までは、遺族で年忌法要を行いますが、家族の事情により省略するケースも増えてきています。

年忌法要の中でも特に三十三回忌は、弔上げと言われ、遺族だけで供養するのが一般的ではあるものの、ここでいったん法要を終わりにするために僧侶に読経をあげてもらいます。弔上げが終わると、仏壇から位牌を片づける時でもあるのですが、位牌を片づけた後は、先祖代々使われている位牌があれば、そちらを祀るのが一般的です。

仏教においては、どんな人でも33年目になれば無罪になって極楽浄土に行くとされているため、三十三回忌をもって永年供養されます。ただ、地域によっては、五十回忌をもって弔上げとするところもありますので、お住まいの地域で行われている方法で年忌法要を行っていくことが大切です。

年忌法要については、地域によってかなり差があります。また、親族や遺族のみで行うケースもありますが、僧侶を呼ぶ場合と親族のみで行われる場合とで、包むお仏前の額も変わってきます。僧侶を呼ばずに親族や遺族のみで年忌法要を行う際は、1人当たり5千〜1万円程度を包みます。もちろん、お仏前を用意せずに供物のみという形式を取るご遺族もありますので、その辺りについては、遺族や親族と話し合って決めることが大切です。

年忌法要も、省略される回忌もありますし、お線香をあげて終わりというご遺族もいます。ですから、お仏前が必ずしも必要になるとは限らないこと、形式にとらわれずに行われることが多くなってきていることもあり、年忌法要の際に包むお仏前の金額は、あってないようなものといっても言い過ぎではないかもしれません。

決まりがあってないようなものですので、年忌法要については、臨機応変に対応していきましょう。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。