五十回忌法要と金額についての詳細

> 五十回忌法要と金額について

五十回忌法要と金額について

故人が亡くなられてから、満49年の命日に行われるのが五十回忌法要です。三十三回忌法要で永年供養をせずに、四十七回忌まで年忌法要をされてきた場合は、ここで一通りの法要を終了する弔上げ(とむらいあげ)を行います。この弔上げというのは、故人の法要や法事は行わずに、ご先祖様として供養するという意味を持っています。つまり、これが親族などが集まる最後の法要になりますので、できる限りたくさんの親族を集めて行われる傾向にあります。盛大ににぎやかな雰囲気で営まれる場合が多いようです。

五十回忌以降、50年ごとに百回遠忌、百五十回遠忌を行う地域もありますが、一般的には五十回忌法要で終了します。五十回忌法要については、僧侶を呼んで読経をあげてもらい、その後会食の席が設けられるのが一般的となっています。もちろん、それぞれのご家庭の事情などもあるため、必ずしもそのように行われるわけではありません。五十回忌法要に僧侶を招いて読経をあげてもらう際には、僧侶へのお礼としてお布施をお渡しします。お布施については、お寺との関係や地域によって差はありますが、1万〜2万円程度とされています。また、僧侶自らが運転してきたりタクシーなどを使って来ていただいた場合、お車代として5千〜1万円程度をお渡しすることを忘れないようにしましょう。また、会食の席にも、基本的には僧侶にも出席していただきますが、僧侶が辞退される場合もあります。そのような時には、御膳料として5千〜2万円程度をお渡しするのが一般的です。ただ、これらの金額はあくまでも目安の金額となります。

五十回忌法要に出席する場合には、お仏前を用意していくのが基本です。お仏前については、節目の年であるということもあって、他の年忌法要に比べると若干多く包まれる方が多い傾向にあります。会食の席に出席する場合、1人当たり1万〜2万円、2人当たり2万〜4万円程度が、お仏前の相場となっています。会食の席に出席しない場合には、1人あたり5千〜1万円、2人なら1万〜2万円程度とされています。プラスで供物を持っていくのも良いでしょう。五十回忌法要については、出席される親族で事前にお仏前をいくら包んでいくのか決めておくのもひとつの方法です。親族全員が同じ金額であれば、金銭面でのトラブルを避けることができます。わからないことは、年配の方に聞いたり、お寺に直接問い合わせるなどして、独断で決めないことが大切です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。