十三回忌法要と金額についての詳細

> 十三回忌法要と金額について

十三回忌法要と金額について

故人が亡くなってから12年の月日を経て行われる法要が十三回忌です。十三回忌法要については、友人やご近所の参列者はほぼおらず、故人の家族や親族のみで行われることが多くなっている傾向にあります。
満12年目の命日に行う法要ではあるものの、親族の都合に合わせて、命日に関わらず前後の日程で行われるケースも珍しくありません。

十三回忌などの年忌法要については、年月が経過すればするほど、遺族や家族のみで行われるようになりますので、大々的には行わずにこじんまりとした十三回忌法要が営まれています。

さらに近年では、法要だからという形式にとらわれずに、親族が集まる貴重な機会と捉えて、ホテルなどで食事の席を設けることも増えてきているようです。
もちろん、本来はお寺の僧侶を呼んで読経をあげてもらうのですが、それも家族間で話し合って決めることができます。

仮に、僧侶に来ていただいて読経をあげる場合は、僧侶へのお布施をお包みしなくてはなりません。
気持ちを額に表すものですので、いくら程度は包まねばならないという金額に決まりはないのですが、相場の目安としては、お布施は1万円程度とされています。

また、僧侶に出向いてもらったお礼としてお車代もお包みしなければなりません。お車代については、5千〜1万円とされています。
こちらについても、相場の目安であって正解の金額ではありませんので、参考までと捉えておくことをお勧めします。

また、食事の席を設けることが事前に分かっているのであれば、僧侶にも食事の席に出席していただけるようお声がけをします。
この時、僧侶が会食を辞退される場合は、御膳料として1万円程度を別にお包みします。
つまり、お布施、お車代、御膳料の3つを僧侶にお渡しすることになりますが、この時、現金で直接渡したり、僧侶に直接手渡ししてはいけません。
マナーとして、それぞれ別々の封筒にいれた上で、お盆に乗せて僧侶にお渡しします。

また、十三回忌法要に親族として出席する場合は、会食の席が設けられることを想定して1万〜2万円程度をお仏前として包みます。
夫婦2人で出席される場合は、2万〜3万円程度が相場です。ただ、この金額については親族間で話し合って、同じ金額に統一することも大切です。
金銭面のトラブルはとても多いので、独断で決めるのではなく、同じ金額を包むようにしましょう。

友人や知人が招かれることは少なくなってきていますが、招かれた際には、お仏前として不祝儀袋に1万円程度をお包みすればよいでしょう。
地域の風習や、実家や親戚たちの法要に対する目安の考え方、故人とのお付き合いの程度によっても金額は異なりますが、十三回忌法要では1万円程度がベストです。

どのような方法があるのか、相場の金額はいくらくらいなのか、お寺関係者や親戚、家族に質問しながら確認して準備を進めても良いですし、ネットで調べるのもオススメです。

ネットだと法事香典についてなど、仏教専用のカテゴリで検索すれば色々なマナーや方法、だいたいいくらくらいの費用がかかるのか相場が載っています。不祝儀袋の書き方等が分からない場合は見本画像が載っている場合もあるので恥をかくこともありません。

●13回忌 お布施 相場
十三回忌法要のお布施をいくらくらい包めば良いのか、相場を教えてくれるサイトです。

http://water145.info/entry4.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。