中陰法要と金額についての詳細

> 中陰法要と金額について

中陰法要と金額について

故人が亡くなられてから忌明けとなる日、この日は一般的に四十九日とされていて、四十九日が来るまでは、故人はこの世をさまよっているとされています。
四十九日までの期間は中陰と言われ、故人が亡くなったことを受け入れて供養し、葬儀後悲しみを回復する時間とも言われています。

また、四十九日までの期間、亡くなられてから7日ごとに法要を行うのが一般的でしたが、近年は省略化されたり遺族のみで行ったりと形式が変わりつつあります。
必ず行わなくてはいけないというものではありませんが、中陰法要を行う際はお寺に依頼して僧侶に読経をあげてもらうのが本来の形です。

僧侶に読経をあげてもらうために自宅に来ていただく時は、お寺に連絡をして読経を依頼し、僧侶にお布施としてお礼を包みます。お布施の金額については、1万円程度が相場となっています。
地域の風習やお寺との関係、細かい宗派によってもお布施の金額が変わることはよくありますので、お住まいの地域に合わせた形でお布施を包むようにしましょう。

さらに、僧侶に出向いてもらったお礼として、お車代をお渡しします。
お車代も5千〜1万円程度とされていますが、自家用車で来られる僧侶もいればタクシーなどを使って来られる僧侶もいます。

中陰法要で会食の席を設けることは少ないですが、お茶の席などを用意する場合は、僧侶にも一声かけるのがマナーです。
もちろん、僧侶が出席される場合もありますし、欠席される場合もあります。
お茶の席を欠席される場合は、会食を設ける時に用意する御膳料と同様に、お茶代として5千円程度をお包みすることになりますが、これは気持ちの問題でもありますので、お茶代ではなく菓子折りをお持ち帰りいただくという形を取るケースもあります。

また、中陰法要に出席する場合には、お仏前という形でお金を包む場合もあれば、菓子折りや線香、ろうそくなどを持参するケースもあります。
故人が生前好きだった物を供物として持参するのもOKです。

お金が負担になるようであれば、供物を持参した方が良い場合もありますので、事前に親族間で話し合って事前にどうするのか決めておくことが大切です。
お仏前を包む際は3千円程度ですが、7日ごとに行われる法要ですので、金額にすると大きな額になってしまいます。
遺族に負担にならないようにするためにも、一番いい方法で中陰法要を行っていくことが大切です。

法要に限っては、決まりがあるようでないと言われています。
つまり、こうしなければいけない、ああしなければいけないということはなく、その時々でベストを尽くせばそれで良いのです。
わからないことは、目上の方に質問したり、マナーを確認したり、葬儀関係者などの専門家にに相談するなどして解決していきましょう。

●超便利!冠婚葬祭マナー
中陰法要と呼ばれる四十九日法要の供養の考え方や、遺族側の手配やお供え、お布施、引き出物等の準備など費用も含めてだいたいの相場を丁寧に解説しているサイトです。

http://www.best-manner.com/manner/sougi/49nichi_manner.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。