百ヶ日法要と金額についての詳細

> 百ヶ日法要と金額について

百ヶ日法要と金額について

忌明け後の法事が百ヶ日法要です。故人が亡くなったことを悲しむのを卒業する日とされていて、この日を境に泣くのをやめようという日でもあります。
本来なら、四十九日と同じくらいの規模で行われて良い法要なのですが、近年では省略化、簡素化され、家族や近しい友人のみで手続きを行い、近親者同士でのみ行われるケースが増えてきました。
有名人や著名人などの場合には、しのぶ会やお別れ会として行われる日でもあります。中陰法要と年期法要を結ぶ法要とされております。

もしも、百ヶ日法要に寺院から僧侶を招いて読経をお願いする場合、お布施としてお礼をお渡ししなければいけません。
四十九日と同等の扱いをするべき法要とされているため、お包みする金額も四十九日同様3万円程度が相場の目安となっています。

ただ、地域などによっても異なりますので、百ヶ日法要を行うためにお寺に連絡をした時に、お布施について聞いてみても良いかもしれません。
質問しても「お気持ちで結構です」と直接金額を教えていただくことはできない場合がほとんどではありますが、だいたいいくらぐらいという形で、教えていただくことができるケースもあるようです。

さらに、僧侶に自宅まで来ていただいた場合、お車代として5千〜1万円程度お包みします。
そして、百ヶ日法要後の会食の席を僧侶が辞退した際には、御膳料として5千〜2万円程度お包みしましょう。

お布施とお車代、場合によっては御膳料が必要となりますが、これらは直接僧侶へ手渡しするのではなく、それぞれ別の封筒に入れてお盆に乗せてお渡しするのがマナーです。

また、百ヶ日法要に参列する場合、お仏前の用意も忘れてはいけません。
これについては、事前に故人の遺族に確認できるようであれば聞いてみるのもひとつの方法ですが、平均的な相場としては、1万〜3万円程度とされています。
会食の席に出席するかどうかで金額が異なる部分もありますし、故人とのお付き合いの程度や地域の風習、他の参列者の相場によっても変わります。

親族として出席する場合は、事前に親族間で金額を決めるのもひとつの方法です。また、これは知人同士でも共通する点でもあります。
いくら包んだらいいのか分からない時は、そのままにしたり独断で決めるのではなく、近しい人などに相談してアドバイスをしてもらうようにしましょう。

法要などについては、わからないことだらけです。ですから、知らないことや不安に思ったことがあるのであれば、遠慮せずに年配の方などに相談しましょう。
近くに質問出来る年配の方が居ない場合は、お寺や葬儀関係者の人に聞いてみるとだいたいの目安を教えてくれます。

直接質問するのもよいですし、電話やインターネットを使って色々な情報を参考に集めるのも良い方法です。

ただし、あくまでも故人との付き合いや地域の風習によって異なることもあり得ますので、参考程度に情報を集めるための手段として使うのがオススメです。
費用はいくらかかるのか、マナーはどうすれば良いのか、手続きはどのようにすれば滞りなく進めることができるのかなど、とても勉強になることが多いです。

やはり法要に詳しい方に聞くのが一番であることを忘れないようにしましょう。

●ハナミズキ
故人が新仏となって初めての法要になる百ヶ日について、基本的な考え方や意味を説明しているサイトです。

http://www.hanami-zuki.com/houyou/kuyou/100.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。