六七日法要と金額についての詳細

> 六七日法要と金額について

六七日法要と金額について

四十九日法要が行われるまでの期間、亡くなられてから7日ごとに法要が行われるのが一般的なのですが、そのひとつが六七日法要です。
近年では、四十九日までの法要は省略されるケースが多いようですので、行わない地域や行っても親族などの近親者のみで簡単に行うご遺族も少なくありません。

絶対に行わなくてはいけない法要というわけではありませんが、本来は僧侶に読経をあげてもらいます。
この時、お布施として僧侶にお礼をお支払いするのですが、金額としては1万円程度が相場とされています。

もちろん、この金額は葬式の際の読経と違い、必ず包まなくてはいけない金額ではありません。
あくまでも相場であって、お寺とのお付き合いや地域によって異なりますので、参考として捉えておくことが大切です。
また、僧侶に自宅まで出向いてもらった際は、お車代も一緒にお渡しするのが一般的です。この金額も地域などによって異なるものの、5千〜1万円程度とされています。
こちらの金額についても、あくまでも全国的な平均の額となりますので、必ずお包みしなければいけない金額ではありません。

また、六七日法要に出席する場合、簡単に遺族や親族のみで済ませることが多くなってきているため、お仏前として香典をを包まなくても良い場合もあります。
その代わり、ろうそくや線香、生花などを持参するなどして、気持ちをお伝えすると良いでしょう。

もちろん、これについても負担にならないよう、手ぶらで良いと言われたら、お言葉に甘えて手ぶらで伺うのもひとつの方法です。
また、故人が好きだったお菓子や食べ物、飲み物などを持参するのも良いかもしれません。

お仏前としてお包みする場合には、親族間で話し合って、同じ金額に統一しておくと後々トラブルにもなりません。
お金の問題は一番のトラブルに発展することも多いですから、独断で決めるのではなく、周囲と調和を図って決めていくようにしましょう。

わからないことはそのままにせずに、親族で法要に詳しい年配の方や、葬儀社の葬祭担当者に質問すると手配や必要な手続き、料金の相場についてもアドバイスをしてくれると思います。
自分が主催者側で無い場合は、法事マナーを念の為確認しておくことも良いでしょう。

直接電話で聞くのもよいですし、もちろんインターネットを使えば、ある程度の情報をネットで入手することができるうえ、手続きの予約や受付まで済ますことも可能です。
僧侶派遣のウェブサイトもあるので、親しい寺院が無い場合はこちらを上手に活用すれば大変便利なアイテムになります。

たくさんの人の意見を聞きたい場合は、知恵袋でネットを使って質問したり、同じような質問に対する応えを調べることも良い方法です。

ただ、必ずしも正解というわけではありませんし、その地域や親族の習慣によっても相場や法事マナーが異なる場合が多いので、ネットから得た情報は参考としてとらえておくことが大切です。
故人の遺族にお仏前のことなどを聞くことは悪いことではありません。
ですから、どうしても迷った時や、どうすればいいのかわからない時、決められないような時は、ご遺族に相談して解決することが大切です。

●eお仏壇
各法要の基礎知識を簡単に教えてくれます。故人が亡くなってからの中陰期間の法要をはじめ、中陰以降の法要についての簡単な説明や当日手配する物や寺院へのお礼、当日の流れや挨拶などチェックしておくべきことを教えてくれる参考サイトです。

http://www.e-obutsudan.net/houyou.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。