三七日法要と金額についての詳細

> 三七日法要と金額について

三七日法要と金額について

死者があの世へ旅立つことができるようになるまでの期間、亡くなった日から7日ごと行う法要のひとつが、三七日法要です。
葬儀が終わったからといって、法事が終わることはありません。

近年、7日ごとに行う法要については、家族が県外などの園歩に住んでおり交通費がかかったり仕事を頻繁に休めないなどの理由から、省略されるケースが増えている傾向にあります。
もちろん、僧侶に来てもらって読経をあげてもらうご家庭もあります。

そのような時には、基本的に遺族のみで行われることが多いため、お布施などは包まずに、生花や線香、ろうそくなどをお布施の代わりに持参しています。
お仏前という形であれば、3千〜5千円が金額の相場とされていますが、お仏前などを包む際は、遺族や近親者間で金額を決めて持ち寄った方が賢明です。
お金に関するトラブルは少なくありませんので、事前に回避できる部分については、話し合っておくのがいいでしょう。

お仏前も、親族や遺族のみであれば必要がない地域もあります。三七日法要を行うからといって、必ずしも何かを持っていかなくてはいけないというわけではないのです。
さまようことなくあの世へ旅立ってもらうために行われるものですから、しっかりと供養をするという気持ちが大切です。

四十九日まで、7日ごとに行う法要については、簡単に済ませてしまうことも多くなってきていますので、呼ばれたりしなければわざわざ聞く必要もありません。
ただ、供養をすることはとても良いことです。金額云々ではありませんので、あくまでもお仏前の金額は参考としてとらえておきましょう。

ただ、お寺から僧侶に来てもらって読経をあげてもらう時には、お布施を支払わなくてはいけません。
お布施については、1万〜2万円程度が相場とされていますが、自宅に来ていただいた時には、お車代として1万円程度をお包みします。
これはあくまでも相場ですので、お寺とのお付き合いを考慮したり、気持ちをお包みすれば問題はないでしょう。

それでも金額についてわからない時は、僧侶に直接質問しても良いかもしれません。しかしながら、僧侶が「○○円です」ということはまずありません。
「お気持ちをお包みいただければ」というような言い方をされますので、その際は上記の金額を参考にしながらお布施をお包みしましょう。

相談出来る近親者や、親しくしているお寺の僧侶がおらず誰に相談すれば良いのか分からない場合は、葬儀社の専門家が質問に対して電話で回答してくれますので、その回答を目安にするのもオススメです。
もちろん、宗派や家のしきたりやお住まいの地域によっても変わりますので目安として捉えることが必要です。

また、お布施やお車代を直接手渡しするのは、失礼にあたります。お布施は封筒に入れた上でお盆に乗せて、僧侶にお渡しするようにしましょう。
食事の場などを開くことはないかもしれませんが、お茶の席を設ける際には僧侶にも一声おかけましょう。
この時、僧侶が辞退するようであれば、御膳料として3千〜5千円程度包み、お布施とお車代と一緒にお盆に乗せて、僧侶にお渡ししましょう。
交通費込みでお布施を渡すのではなく、1つ1つ別の封筒に包んで渡すようにしましょう。

●こんな時どうする?冠婚葬祭知恵袋
故人が亡くなった日から四十九日までは、七日目ごとに忌み日があります。それぞれの法要についての流れや意味を簡単に説明しているサイトです。

http://www.digiport.jp/3-8-1.htm


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。