四十九日法要と金額についての詳細

> 四十九日法要と金額について

四十九日法要と金額について

故人の死後、49日目に行われる法要が四十九日法要です。この日をもって7日ごとに行われていた法要が終わり、四十九日法要は、忌明け法要として法事を行うのが一般的です。
故人が亡くなってから7日ごとに行う法要については、省略されることが増えてきているものの、この四十九日法要は重要とされているため、ほとんどの遺族が行います。

遺族のみならず、親族や、故人と親しかった友人や知人も参列し、僧侶に読経してもらった後に焼香が行われ、会食の席が設けられます。
また一般的には、この四十九日法要の際に納骨式も行われます。

この時、僧侶にお渡しするお布施の相場は、3万円程度とされています。
もちろん、この金額は相場ですから、地域によって、またお寺との関係などによっても異なりますので一概には言えません。

ですから、お寺に四十九日法要の手配の連絡をした際に、お布施について聞いてみるのもひとつの方法です。
さらに、僧侶に自宅などに出向いてもらって読経をしていただく際には、お車代が必要になります。

一般的な相場として、お車代は5千〜1万円程度となっていますが、遠方から来ていただく時には、1万円以上お包みしなければならない場合もあります。
そして、僧侶による読経が終わった後の会食の席にも、僧侶に出席していただけるようお話しするわけですが、僧侶が辞退される場合もあります。
その場合には、僧侶に御膳料として5千〜2万円程度をお包みします。これもあくまでも金額の目安となりますので、参考としてとらえておきましょう。

また、四十九日法要に出席する場合には、お仏前として、故人と血縁関係がある場合は、会食なしで1人1万〜3万円、会食がある場合は2万〜5万円となっています。
また、2人で出席される場合には、会食ありで3万円から、会食なしの場合は2万〜5万円程度となっています。

また、故人と血縁関係がない友人や知人の場合は、お世話になった程度によってお包みするお仏前の金額が変わります。
お世話になった場合、会食ありで1人当たり3万円から、会食なしで1万〜3万円、一般的なお付き合いであれば、会食ありで1万〜3万円、会食なしで5千〜1万円程度とされています。

金額などについては、親族や遺族と相談しながら決めるのも悪いことではありませんし、友人や知人と出席する場合は、話し合って金額を一律するのも良い方法です。
わからないことは周囲の人に相談しながら決めたり、インターネットで情報を集めるなどして、解決していくことが大切です。

●All Abount
四十九日法要の服装やお供えなど、マナーから相場の金額、忌明け後の行うことなどを解説しています。

http://allabout.co.jp/gm/gc/71872/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。