閉眼法要と金額についての詳細

> 閉眼法要と金額について

閉眼法要と金額について

墓地の墓石を改装したり、新しいものに作りなおす場合、必要となってくるのが閉眼法要です。
魂を入れる開眼法要と逆の考え方で、閉眼法要とは、魂の入ったお墓から魂を抜くことで、とても重要な法要のひとつとされています。
お墓を移したりする際、納骨されているお骨を勝手に取り出すことはできません。
必ずお寺の僧侶に出向いてもらい、読経をお願いして閉眼法要でご先祖様のお魂抜き(性根抜き)をしてから納骨されているお骨を取り出さなければいけないのです。

さらに、仏様の魂というのは、竿石の部分にもしっかり宿っているとされています。
ですから、墓石に文字の追加を行うために移動させるような時も、僧侶などに出向いてもらい閉眼法要を行うのが一般的です。

この際、僧侶に対してお礼としてお布施を支払います。
多くの方が、お布施をいくら包んだらいいのか相場がわからなくて迷ってしまうのですが、実際に閉眼法要における相場はあってないようなものであると言われています。
気持ちを表すためのものであるため、これと金額を決めることができないからです。かといって、あらかじめ相場がなくては、金額の決めようがないのも現実です。

閉眼法要の場合、料読経なども含めてお布施として3万〜5万円程度、志としてお支払いする際には2万〜3万円程度、その他に僧侶に車で出向いてもらった際にはお車代として1万円程度を支払います。
さらに、閉眼法要後に会食の席を設ける際は、僧侶の出席を加味しなければいけないのですが、会食を辞退される僧侶も少なくありません。
そのような場合、僧侶に対して御膳料として1万円程度をお包みします。

ただ、上記の金額はあくまでも相場であって、正しいというわけではありません。
お寺との関わりによっても違いますし、檀家ともなれば、もっとお布施を支払うケースもあるからです。宗派や地域によっても相場や方法が異なる場合もあります。

あくまでも目安の金額ですので、お住まいの地域の対応に合わせてお布施等を包むようにしましょう。
わからない時は、目上の方に相談してみたり、僧侶に直接質問してみてもいいかもしれません。
もちろん、僧侶は「お気持ちをお包みいただければ」と言う回答や対応をするでしょう。

そのような時は、身近に閉眼法要を行った方がいないか調べてみましょう。
親族に閉眼法要を行った方がいれば、いくら包めばいいのか質問してみるのが一番です。

あまり経験するようなことではありませんし、法要については、正解があってないようなものとされているため、何が正しくて何が不正解だということはありません。
相談をしてアドバイスをもらい、自分が納得する形であれば、それが法要の金額の正解となるのです。

●墓石.com
閉眼法要やお魂抜き(性根抜き)について色々なマナーや手続き、基礎知識、お布施の金額や水引きなど詳しく説明してくれているサイトです。

http://boseki-info.com/heigankuyou.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。