開眼法要と金額についての詳細

> 開眼法要と金額について

開眼法要と金額について

本来、墓地に墓石を設置しただけでは、お墓と呼ぶことはできません。墓石に魂を入れてはじめて、本当のお墓になると言われています。
魂を入れることで仏塔となり、故人が安心して住むことができる浄土になると考えられているからです。

葬儀後、墓石に魂を入れることを、仏像に眼を入れるということにちなみ、開眼法要といいます。
墓地に墓石を設置しただけではただの石ですが、お墓に邪気が入らないよう、軸石を白い布でまき、開眼法要の際に取り除かれます。
僧侶の読経をあげてもらい、開眼法要に参加されている全員がお焼香を終えたら、礼拝して終わりというのが、一般的な開眼法要の流れとなります。
さらに、開眼法要と併せて納骨法要を行うのが一般的とされており、その後会食の場が設けらますので、そちらへもできる限り出席するのがマナーです。

開眼法要のために、僧侶に出向いてもらった際には、お布施としてお礼をお包みします。
地域ごとに差は生じるものの、お布施の金額は3万円程度が一般的です。開眼法要は、法要でもお祝いとされるため、紅白の水引ののし袋を使います。
さらに、車で僧侶に出向いてもらった際には、お車代として5千〜1万円程度、さらに会食に出席されない場合は御膳料として1万円程度をお包みします。
これも、地域差などがありますので、あくまでも金額は目安としてとらえておきましょう。

また、開眼法要に出席される場合は、お仏前を用意していきます。こちらの金額についても、会食と引き出物の費用を見越して1人当たり1万〜2万円程度が相場となっています。
また2人で出席する場合は、2万〜3万円程度が相場の金額です。

もちろん、この金額を必ずしも包まなくてはいけないということではありません。
開眼法要については、出席される遺族や親族で、事前にいくらお仏前を包むのか話し合って決めることも多い傾向にあります。
親族同士が一律同じ金額を包むことで、お金によるトラブルを軽減することもできますし、次回同じようなケースが起こった際も、同じ金額を包めば良いので、悩んだりすることもなくなります。

開眼法要に出席するというのは、人生の中でも、1、2回程度しかありません。
ですから、知らないことやわからないことがあるのは当たり前です。知らないことやわからないことは放っておかずに、年配の方に聞いたり相談をするようにしましょう。
ネットを使って調べるのも、情報を収集するという意味ではとても良い方法です。ただ、情報を参考にするという形で利用することをお勧めします。

お寺のお坊さんに開眼法要にかかる費用の一般的な相場や法要の流れについて質問し、確認や相談をすると、とても優しく教えてくれるはずです。


●株式会社 加登
開眼法要について、その意味や簡単な流れ、お供え物や服装などを教えてくれるサイトです。

http://www.forever-kato.co.jp/butsuji/kimari.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。