納骨法要の金額についての詳細

> 納骨法要の金額について

納骨法要の金額について

故人の納骨を行う際には、僧侶を招いてお墓にお骨を納める納骨式が行われます。
地域によっては、納骨法要と呼ばれることもありますが、納骨をする時には、お布施などの他にも費用が発生するケースも少なくありません。
お布施を含めると、数万〜10万円程度が納骨法要にかかる費用の相場と言われています。

納骨するための作業のひとつとして、石材店に墓石の蓋を開けたり閉めたりしてもらわなくてはいけない場合、石材店に1万〜3万円程度の工賃を支払わなくてはいけません。
ただ、カロートと呼ばれる、骨を納めるスペースの開閉が自分でできる場合は、この費用は発生しません。
また、お墓の墓石に没年と戒名などを彫ってもらう際の費用として3万〜5万円程度を支払います。

また、お墓だけではなく霊園やお寺の納骨堂に納骨する場合も、お布施を包んでお金を渡したり、基地使用料や永代供養代を渡したりする場合もあります。

そして、僧侶などに出向いてもらって納骨式を行う際は、お礼としてお布施を3万〜5万円程度お包みします。
さらに、僧侶に車で出向いてもらわなくてはいけない場合は、お車代として3千〜5千円程度を別にお包みしましょう。

また、納骨式を行う日は、納骨後に食事の席を設けるのが一般的なマナーです。故人を供養するために行われるものですので、遺族をはじめ親族、親しかった友人や知人を招いて行います。
その際、お仏前を用意して出席することになりますが、1人当たり1万〜2万円程度、2人で出席する場合は2万〜3万円程度が金額の相場となっています。
ただ、食事の席に出席しない場合は、その分を引いてお仏前をお包みします。その場合には、5千〜1万円程度をお包みすればマナーとして問題はないでしょう。

納骨法要をはじめ、法事にかかる金額はあくまでも相場であるため、必ずしもこの金額を包まなくてはいけないということではありません。
あくまでも目安の金額であって、地域ごとに違いますし、親族間でも考え方が違ってきますので、身近な人や法事に詳しい人に質問しながら臨機応変に対応すると良いでしょう。

ただ、納骨法要を遺族のみで行う場合、お布施などについては遺族でよく話し合って決めることが大切です。誰しも、法要について知らないことがたくさんあります。
出席する機会も多いわけではありませんので、わからないことは身近な人に聞いたりしながら、解決していきましょう。

近年ではインターネットが普及したことで、さまざまな情報を得ることができるようになりました。
もちろん、ネットの情報も参考や目安ではあるものの、調べることが重要です。経験のある方の意見を伺ったりして、納骨法要に出席しましょう。
お金のことが一番トラブルになりますので、曖昧にせずにきちんと解決することをお勧めします。

家族でも良いですし、参列者同士で包む金額の目安を確認したり、相場やマナーについて知識を身につけた後、準備をするのもよいでしょう。自分が開催側になる場合は、納骨先の施設や霊園、僧侶に質問すれば、丁寧に教えてくれます。


●超便利!冠婚葬祭マナー
納骨、納骨式の簡単な説明と、納骨式の時期と準備を中心に謝礼やお布施の金額の相場について教えてくれるサイトです。

http://www.best-manner.com/manner/sougi/noukotsu_shiki.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。