七回忌法要と金額についての詳細

> 七回忌法要と金額について

七回忌法要と金額について

故人が亡くなってから6年目に行われるのが七回忌です。
さらなる菩提の心を起こし悟りの道へと精進するために行われる儀式のひとつで、七回忌法要は、親族など、故人とのかかわりが深かった方を集めて行われることが多い傾向にあります。

また、一周忌は亡くなってから満1年もしくは1年になる前に行われるのですが、三回忌や七回忌は、満年数よりも1年早く行われるのが一般的です。
ですので、七回忌法要と名はつくものの、亡くなってから6年目の年に行われます。

このような法要は、回忌が増えるごとに、身近な者が集まって行われる傾向が強くなってきます。
僧侶を自宅に招いて読経を行うこともありますし、形式にとらわれることなく、会食などで済ませるケースも増えてきています。

また、七回忌法要以降に行われる法要は、他のご先祖様と合同で行うことも多くなってきます。
これを併修といいますが、併修を行う際は、一番早く命日が訪れるご先祖様の日程に合わせるのが基本です。

七回忌法要に出席する際には、お仏前と呼ばれる香典を包むことになりますが、これは地域や故人とのお付き合いなどによって異なるところもあるものの、会食や引き出物が用意されていることが一般的ですから、それを加味した上で1人あたり1万〜2万円程度が香典の相場とされている金額です。
建前上、お気持ちでといわれることもありますが、だいたい2名での出席の際は、2万〜3万円程度の香典が相場の金額です。

もちろん、この金額内に収めなくてはいけないということではありませんが、親族のみで法要が行われる際は、事前に出席する家族や親族でいくら包むのか話し合っておくのもひとつの方法です。
親族全員が一律同じ金額を包んでおけば、後で問題やトラブルになることもありません。仮に、会食をせずに帰られる場合は、会食の費用をマイナスした金額を包めばマナーとして問題はないでしょう。

また、お仏前の代わりに、本来は供物として線香やろうそく、菓子や果物を持参するのが一般的でした。ですから、これらを持っていくのもひとつの方法です。
両方持参される方もいますので、それも良いかもしれません。また、葬儀と同じように僧侶による読経が行われますので、数珠を忘れずに持参するようにしましょう。

どんなことでも一番トラブルになるのが、香典やお布施、供物料、会食、お返し等、お金の費用のことです。そのため、わからないことや疑問に思ったことがあるのなら、年配の方などに質問し相談するようにしましょう。
もちろん、葬儀社や僧侶に直接聞くこともできます。聞くことは恥ずかしいことではありません。なぜなら、法要のことは知らない人の方が多いからです。


●法事・法要ナビ
七回忌法要について色々と教えてくれるサイトです。併修についても分かりやすくかかれているので、家族だけで簡単な法要にしたい人や、どのくらいの規模の法要や会食を用意すればいくらくらいの金額がかかるかなど事前に調べておくのもオススメです。

http://www.houjinavi-saika.com/7nen/


●お墓・お葬式・お仏壇のことならなんなりとMAOメモリアルアートの大野屋
七回忌の塔婆料の袋と表書きの書き方、お供えするお花や果物、いくらくらい包めば良いのか相場が知りたいなど、分からない様々な質問に対して丁寧に回答してくれます。
法事や法要の質問について、会食やお車代などよくある質問をまとめていますので是非参考にしてみてください。開催者の場合も、参列者の場合もそれぞれの立場で質問されています。

http://www.ohnoya.co.jp/faq/hoyo/000109.shtml


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。