三回忌法要と金額についての詳細

> 三回忌法要と金額について

三回忌法要と金額について

三回忌法要については、これといって決まっていることはほとんどないとされています。しかしながら、そういうわけにはいかない部分も多いのが現状です。
三回忌法要は、僧侶を自宅に招いて読経をあげてもらい、故人を供養してもらうやり方と、お寺の本堂において執り行うやり方の2通りがあります。
この供養もお布施のひとつと考えられていますが、僧侶に読経をしてもらうにあたって、財施としてお布施を渡さなくてはいけません。

三回忌法要のお布施の目安としては、1万〜5万円くらいが相場だと言われています。
金額にかなり差がありますが、これは、地域や家とお寺との関係の深さなどによってマナーも異なってくるためです。
この金額内で包まなくてはいけないということではありませんが、多く包めば良いというものでもありませんので、この辺りは、ご年配の方やご近所の方に聞いてみた方が良いでしょう。

また、三回忌法要以外でも僧侶を自宅に招く際には、遺族はお布施以外にお車代を用意しなければいけません。
お車代については、お寺からどのくらいの時間がかかるか、距離によって考え方は変わりますが、相場としては5千〜1万円程度包むのが一般的となっています。
また、三回忌法要の後に、会食の席を設けることが多いのですが、僧侶にも会食の席に出席してもらえるようお声をかけるのが基本ですので、食べる食べないは関係なく、僧侶の分の会食も用意しておきます。
出席される場合は、談笑しながら一緒に食べますが、会食を辞退される場合は、御膳料として僧侶にお布施とお車代とは別にお金をお包みします。相場はだいたい5千〜1万円程度です。

つまり、僧侶に対してはお布施とお車代と場合によっては御膳料の3つを渡すことになるわけです。
どれも別々の封筒に入れて、直接手渡しするのではなく、小さめのお盆に乗せてお渡ししましょう。

また、三回忌法要に呼ばれる立場となった際には、御供物料を用意します。
血縁関係の濃い親族の場合、1万〜2万円程度の金額を香典袋に入れるのが相場とされていますが、これは親族間で話し合って金額を決めたりすることも多いため、目安や一般的な相場としてとらえておくと良いでしょう。
さらに御供物料とは別に、ろうそくや線香、お菓子や供花などを持参する場合もあります。

これらは強制というわけではありませんし、気持ちの問題ですので、持参してもしなくても間違いではありません。
経験することが少ないのが法要でもありますので、わからないことはお寺やご家族、親しくしているご近所の方に質問したり、相談したりすることも大切です。
相談できるような人が身近にいないばあいは、インターネットでウェブ検索をしたり、窓口専門相談員にいくらくらい費用がかかるのか聞いてみるのもオススメです。


●エンディングパーク
三回忌法要のお布施の金額や相場を分かりやすく説明してくれるサイトです。

http://en-park.net/books/7838


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。