初盆・お盆と金額についての詳細

> 初盆・お盆と金額について

初盆・お盆と金額について

本来お盆というのは、亡くなった方を祀るために設けられた日です。地域差はあるものの、旧暦の7月15日に当たるのが、現在では8月15日となっています。
このころに初盆を行うお宅が多い傾向にあり、13日に盆入りとして死者を家に迎えるための迎え火を提灯を持って行います。

逆に16日は、死者を送り出すための送り火を同じく提灯を持って行います。
この際、お墓の掃除やお墓参りを行うのが一般的です。また、初盆や新盆の場合、僧侶を自宅に招いて供養のために読経してもらうこともあります。

新盆や初盆は、告別式を終え、四十九日が無事に済んで初めて迎えるお盆を指します。仮に、四十九日法要が行われる前にお盆が来てしまった場合は、
四十九日法要が済んだ翌年のお盆に行うのが一般的です。親族をはじめ、親しかった友人などを招いて、精進料理をいただきます。

お盆は毎年行われるものの、初盆は個人が亡くなって初めてということで、盆棚と言われる祭壇や、盆提灯などきれいな飾りがついたもので特に
盛大に行われることが多いです。

新盆や初盆を、故人の友人や知人を招いて行う場合、引き出物を用意しておきましょう。この場合の予算の相場は2千〜5千円程度となっていますので、
参考にすると良いでしょう。また、僧侶に読経をしてもらうために自宅にお越しいただいた際には、お布施を用意します。会食にも同席する場合は、
お布施とお車代のみで構いませんが、会食に参加しない場合は、お布施やお車代の他に御膳料の3つをセットにしてお渡しするのが基本です。

お布施の目安は、初盆や新盆の場合3万円程度、お車代は5千〜1万円程度、御膳料は5千〜1万円程度とされています。

では、逆の立場で、初盆や新盆に出席することになった場合、香典は5千〜1万円程度が目安となります。
故人とのお付き合いの深さによって金額を決められますし、会食に出席する場合は少しプラスしてお包みしても良いかもしれません。
会食に出席するかどうかでお包みする金額を決めれば問題はありません。これも気持ちの問題であり、相場はあってないようなものですので、
あくまでも参考にしておくことをお勧めします。

また、香典をお金で渡すのではなく、線香代として5千円分商品として渡したり、提灯を1万円程度で購入し渡すこともあります。
最近の提灯は室内のインテリアと釣り合いがとれるようなオシャレなものであったり、飾り付けがあったり様々なものがあります。

仏具用品店にもお盆用の提灯は購入することができますし、分からない場合はインターネットで見つけてもお得です。最近では盆提灯も
種類が多く、白提灯、家紋入り提灯、モダン提灯、セット木製提灯、セット回転灯付提灯など、見た目の他に回転灯がついているかどうか
なども選ぶことができます。

安い上、代引き手数料無料や送料無料、送料込での購入など特典もある場合があるので色々なタイプを検索してお盆期間に在庫商品を
探してみるのもオススメです。多くの人から提灯をもらっても後々遺族が処分に困ってしまうので、提灯代や線香代として香典をお金で包む
場合もあります。


近年では、初盆や新盆も親族のみで行うことが増えてきました。この場合、包む金額が気になるところですが、出席する親族で相談をして、
金額を統一するのもひとつの方だと思います。誰が多く包んだ、少なく包んだで険悪になってしまうケースも少なくないと言われていますので、
事前に包む金額を相談して決めておけば、険悪なムードにならずに済みますし、その方が安心できます。

お住まいの地域によってやり方も変わってきますので、それに倣うことも忘れないようにしましょう。


●エンディングパーク
初盆についての意味や簡単な説明をしてくれるサイトです。送り火、迎え火などの意味も記載されているので、是非参考にして下さい。

http://en-park.net/words/1778


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。