院日信士・院日信女の戒名についての詳細

> 院日信士・院日信女の戒名について

院日信士・院日信女の戒名について

戒名と一口にいっても、戒名の位が高いものや位が低いものなどによって、目安となる戒名料として支払う金額も変わります。
院日信士・院日信女という戒名は、高位に位置し、相場は80万円からとなっています。これも日蓮宗のみに使われるものなのですが、院信士や院信女よりも位が高くなります。
この院号が使われる方の場合、お寺にある程度の寄付をしていたり、社会的貢献度が高い場合などにつけられます。

ただ、日蓮宗の場合、教えをどのくらい勉強していて信仰が深いのか、お寺を運営するにあたって、どのくらい大きく貢献してきていたかによって、つけられるかどうかが変わってきます。
位牌にある院号、道号、日号、位号の並びにある院号の部分に、この「院日信士・院日信女」という院号が使われているだけで、位の高い人物であることがわかります。

ただ、現在は真言宗や曹洞宗、浄土真宗、などそれぞれの宗教の宗派などに関係なく戒名をつけることも増えてきていますし、お寺や住職との関わりが薄くても、位の高い戒名をつけてほしいと依頼する方もいます。
このような場合、お寺の住職に直接相談するのが一番なのですが、近年では、葬儀社を通じて葬儀が行われることが増えているため、葬儀社の担当者に、戒名料として支払う金額などについて聞いてみるのもいいかもしれません。

また、葬儀社を通じて葬儀が行われる場合、戒名料としての金額も一括して葬儀社に支払うことがほとんどです。また、その金額の内訳が戒名料として請求書や明細書に記載されず、諸々の経費と一緒に含まれて請求される場合も珍しくありません。
そのため、とりあえず確認はするものの、なぜこの金額がつけられているのかなどについてまで質問される方は意外にも少ないとされています。

本来、戒名というのは、直接寺院の方と相談して決めるものです。その際に、お寺への貢献度などによって、金額がある程度決まってくるのですが、近年ではお寺ではなく葬儀社に依頼して葬儀を行うことが少なくなっていますので、わからないことがたくさんあるのも当然です。

葬儀は何度も経験をするようなことではありませんし、戒名がどのようにつけられていくのかなど、いくらお寺との関係が深い檀家でも、知らない方がたくさんいます。
院日信士・院日信女は、位の高い院号であることから、戒名料の金額の相場も比較的高い傾向にはあるものの、「金額の相場はあってないようなもの」「決まっているようで決まっていない」と言われている世界ですので、あくまでも戒名料の金額は、目安として考えておくことをお勧めします。

もちろん、相場以上の金額を気持ちとして支払っても全く問題はありませんし、逆に、相場よりも少ない金額になってしまっても、それは気持ちの問題ですので、気持ちがあれば全く関係ありません。
とは言え、自分が支払っている金額が、恥をかかない程度の周りと同じくらいの金額なのかと気にする人は多いです。

分からないことはそのままにせず、納得できるまで相談したりアドバイスを受けることが大切です。
具体的には、祖父母や父母をはじめとした親戚に今までの葬儀のことを聞いてみたり、お寺の住職にだいたい皆どのくらい支払うのかを聞くのも良いでしょう。
直接人には聞きにくいという場合は、フリーダイヤルやネットで葬儀無料相談室という些細な疑問や不安を解決してくれる機関もありますので積極的に利用しましょう。


●小さなお葬式
院日信士・院日信女の戒名授与について詳しく解説しているサイトです。それぞれの院号の意味や、戒名金額の相場が記載されているので、是非参考にしてみてください。

http://www.osohshiki.jp/terakuru/kaimyou/innichi/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。