お彼岸と金額についての詳細

> お彼岸と金額について

お彼岸と金額について

日本の文化として古くからあるお彼岸は、仏教の行事のひとつとなっています。家族でのお墓参りをはじめ、お寺などでもお彼岸法要が行われることもあります。
お彼岸法要を行う際は、お寺で行われている法要に参加して供養したりすることもできますし、お寺に個人的にお彼岸法要を依頼することもできます。
ただ、いずれの方法で法要を行うにしても、お礼としてお布施をするのが一般的となっています。

お寺などによってもかなり異なる部分があるものの、3千〜1万円程度が金額の相場となっています。
この金額はあくまでも目安ではありますが、個人的にお彼岸法要を行う時は、3万〜5万円の香典を包むことが多いとも言われています。

ただ、自宅に僧侶を招いてお彼岸法要を行う際は、上記のお布施の他にもお車代として3千〜5千円程度を包むのが一般的です。
さらに、会食などの席に僧侶も出席してもらえるようにお声をかけますが、僧侶が辞退した場合は、御膳料として1万〜2万円程度を包むことになります。

お布施については、僧侶に直接手渡しするのではなく、お盆に乗せてお渡しするのが基本です。手渡しはマナー違反で失礼にあたりますのでご注意ください。
必ずしもお彼岸法要を行わなくてはいけないというわけではありませんが、もし行う時は、上記のお布施の金額を参考にしながら、いくら包めばいいのか検討してみると良いでしょう。

お寺に出向いてお彼岸法要をする際は、直接お寺にお布施の金額をいくら包めばいいのか聞いてみるのもひとつの方法です。
もちろん、「お気持ちだけ包んでいただければ」と返答されるかもしれませんが、そのような場合は、上記の金額を目安にしながら包むと良いでしょう。

この金額を包まなくてはいけないと決まっているわけではありません。
相場もあってないような世界と言われているくらいですから、あくまでも参考の金額の目安となります。

また、法要については地域や家ごとにかなり異なる部分もあるため、法要が行われる際にもお布施を持参しないケースもあります。
ただ、供物としてお花やろうそく、果物や線香などを持参するのが法要時のマナーとなっている地域もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

親族同士で、お彼岸法要にお布施や香典としていくら包んでいくのか、金額を相談するのも良いかもしれません。封筒の書き方など、分からないことを人に質問したり、方法を相談することは悪いことではありません。
特に法要については、各地域ごとで特色も異なりますので、わからないことや疑問に思ったことは、聞いた方が良い場合もあるのです。


●お墓・お葬式・お仏壇のことなら何なりとMAOメモリアルアートの大野屋
お彼岸の常識やしきたり、マナーなどをまとめているサイトです。期間やお彼岸をむかえる為のお仏壇、仏具の掃除の方法、お墓の掃除、果物や菓子などのお供えについても説明しています。
家族でいくお墓参りに必要な持ち物、お掃除、お供えについて教えてくれるので勉強になります。

http://www.ohnoya.co.jp/faq/dictionary/ohigan/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。