院信士・院信女の戒名についての詳細

> 院信士・院信女の戒名について

院信士・院信女の戒名について

戒名の中でも特別な扱いとなっているのが、院釋・院釋尼というものです。これは、本願寺の門主が歴代院号として用いています。
これも釋・釋尼と同じで、浄土真宗のみに使われている戒名で、真言宗や浄土宗でいう院信士・院信女にあたります。
本来、浄土真宗には戒名は存在せず、法名と言われていますが、地域や寺院によって異なります。

実家の母親や父親と行ってきた葬儀方法と、嫁ぎ先である姑や舅が行っている葬儀方法が一致しなかったという事態は珍しくないケースです。
それぞれの風習がありますので、まずはそこの地域や寺院で詳しい人を見つけ、確認することをオススメします。

また、院釋・院釋尼は相場が50万〜1000万と、かなり幅が広いという特徴があります。
ちなみに、戒名料の全国平均は50万円程度と言われていますので、院釋・院釋尼の値段の幅の広さは稀であると言えるかもしれません。

ただ、戒名については、菩提寺であるお寺との関わりや実家等の風習や宗派などによって、何が院号として使われるかが変わってきます。
お寺にどのくらい貢献をしてきたか、どの程度寄付をしたか、檀家などさまざまな要素を見て、戒名がつけられます。
位の高い方には相応の戒名がつけられることが多くなりますが、一般人でもお寺への貢献度などによっては、位の高い方に使われる戒名がつけられることもあるようです。

ただ、戒名について知らないことも多く、戒名をつけてもらうにあたって、どの程度の費用を支払えばいいのか、どのような手順を踏めば良いのか分からないことがほとんどです。
また、近年では、葬儀社を通じて葬儀を行うことが多くなっているため、直接お寺のお坊さんと戒名について話す機会がありませんし、戒名料などについて、話したり相談する機会もほとんどありません。

そのため、いざ自分が喪主になり葬儀をする身になると、費用について不安に感じる方も多いのですが、葬儀屋を通じて戒名料についてのアドバイスをもらうこともできますし、葬儀屋に依頼すれば、直接お坊さんをはじめとしたお寺関係者と話す機会を作ってもらえる場合もあります。

宗派によって、またお住まいの地域によって、戒名にかかる費用はかなり差が生じてきます。
相場はあってないようなものと言われている世界でもあるため、あくまでも院釋・院釋尼の相場である50万〜1000万円というのは、目安としてとらえておきましょう。

それでも本当にそれで良いのか不安に感じることもあるかもしれません。近年では、インターネットを使えば、さまざまな情報を収集することができるようになっています。

あくまでもネットの情報は参考程度ではあるものの、さまざまな意見や、お坊さんから見た戒名料やお布施についての考え方や意味なども知ることができますので、情報を集めるという意味では、利用してみるのもいいかもしれません。
とにかく、わからないことは調べたり聞いてみたりすることが大切です。恥ずかしいということはありません。分からないことはどんどん相談していきましょう。

葬儀は急にくることが多いです。事前に身内でもしもの時は、どのような葬儀場で、いくらくらいの値段がするものなのか、お金の話や様々なケースについて意見を求めたり、経験のある年長者にアドバイスを求めるのも良い方法です。
その中で分からないことがあればお寺のお坊さんや、葬儀屋のフリーダイヤルで質問することもできますので、まずはどのような手続きが必要でいくらくらいの値段がついてくるのか、手順や方法を時系列にまとめるのもオススメです。


●小さなお葬式
院釋や院釋尼の戒名授与について、意味や考え方と一緒に相場の金額を教えてくれるサイトです。法事や供養、戒名についての質問から、実際の依頼まで受付ているので知っておくと便利です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。