釋・釋尼の戒名についての詳細

> 釋・釋尼の戒名について

釋・釋尼の戒名について

浄土真宗のみに使われている戒名が、釋・釋尼というものです。釋という文字は、お釈迦様の釋であるとされていて、お釈迦様の弟子になる場合に、俗名を捨てこの戒名が使われます。
一般的には釋○○と、釋の文字の後に2文字がつけられます。また、男性は釋という文字だけが使われますが、女性の場合は、釋尼となります。
しかしながら、近年では、男女平等や性別の区別をしないという根本的な部分での考えが変わってきたこともあって、釋尼の尼という字は、女性であっても使われることが少なくなってきました。

浄土真宗においては、基本的には位牌を作らずに、過去帳などに法名を記載するのが正式だと言われています。ただ、地域やそこの家の風習によってかなり異なる部分もあるため、位牌を作る場合もあります。
また、この戒名は、真言宗などの宗派でいうと信士や信女に当たります。

釋・釋尼というものは、浄土真宗だけでしか使われることがない戒名であるということもあって、宗派がすぐにわかるということや、階級などは無意味だという浄土真宗の考え方が、戒名に表れているという面白さもあります。

釋・釋尼は信士や信女と同じ階級であることから、戒名料は15万〜30万円程度とされています。
もちろん、これは寺院や地域ごと、また宗派やお寺との関係の深さなどによって異なってきますので、あくまでも参考の金額としてとらえておきましょう。

ただ、誰しもが葬儀を何度も経験するものではありません。戒名について、また戒名料について知らないのは当然です。
また、近年では、お寺と直接葬儀について話すという機会がなくなってきているのも事実です。檀家でない家も増えてきておりますし、普段からお寺の住職と話す機会も少ないというご家庭は珍しくありません。

その為、家族が亡くなって初めてお世話になる葬儀社を通じて誘導されながら葬儀を行うケースが増えてきています。費用についても、一括で葬儀社に支払うことが多くなってきました。

自分では決められないこと、わからないことが、葬儀にはよくあることです。
ですから、戒名料としていくら包めばいいのか相場や目安がわからない時や、どうすればいいのかわからない時には、まわりのお寺の僧侶に直接相談することもできますし、葬儀社を通じて相談することもできます。
葬儀関係のおおまかなことならば仏具屋さんもある程度は知っている可能性があります。

また、近年では、インターネットの普及により、さまざまな情報を簡単に調べることができるようになっています。
ネットを通じて情報を得るのもひとつの方法ですが、それぞれがお住まいの地域で、一般的に行われている方法を取り入れるのが一番です。

いくらお布施や戒名料はお気持ちと言われても、実際にはある程度の目安や相場はありますし、恥をかきたくないという人もいます。些細なことでも1つ1つの作法について意味や理由、相場を質問すれば、きっと丁寧に回答をしてくれます。
家庭の経済的な事情で相場の金額を払えそうにない場合は、相談すればそれに従っていくつかアドバイスをしてくれる場合もあります。

先ほどから説明している通り、同じ宗派でも地域や家の風習によって異なることは珍しくありません。実家の祖母をはじめとした母親や父親の言う通りにしたものの、嫁ぎ先の姑や舅が行う風習とはまったく違っていたという場合も珍しくありません。
その地域のしきたりは、その地域にいる親族や家族に聞くのもひとつの方法ですので、通常はどのように行っているのか、いくら位の金額を目安にすればよいのか、分からないことはぜひ、周りの方の手を借りて解決していきましょう。

●法事ガイド
法事の金額や、必要な手続き等の説明をしてくれます。浄土真宗のみの戒名である釋や釋尼についても細かく説明してくれます。

http://okanerosoku.sakura.ne.jp/post_34.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。