居士・大姉の戒名についての詳細

> 居士・大姉の戒名について

居士・大姉の戒名について

戒名には、居士や大姉というものがあります。これは、一般的な戒名で使われている信女と信士の、ひとつ上の位の戒名です。
居士は在家信者である男性につけられ、大姉は在家信者の女性につけられます。ただ、宗派によっては階級を分けず、居士や大姉で統一している場合もありますので、一概には言えません。
居士や大姉は、位号と言われる、戒名の一番最後につく文字であり、仏教徒の階級を表わすものです。

戒名については、お寺にどのくらいの貢献をしたかによってつけられていたのは、一昔前までであって、現在は金額に応じてどの位号をつけるかに変わってきているところもあります。
上の階級の位号をつけるとなると、相応のお布施をしなければなりません。一般的には、信女や信士よりも居士や大姉の方が、戒名にかかる金額が大きくなると言われています。

ただ、金額も気持ちの問題であって、この金額を包まなくてはいけないと決まっているわけではありません。そのため、相場はあってないようなものだとも言われています。
居士や大姉といった位号をつけてもらうために支払う戒名料の相場は、浄土宗の場合は50万〜60万円程度、臨済宗の場合は50万〜80万円程度、曹洞宗の場合は50万〜70万円程度となっています。
ちなみに浄土真宗の場合は、居士や大姉ではなく○院釋○といった形でつけられます。これは居士や大姉と同じ階級で、金額の相場は50万円からとなっています。

このように、金額の低いものから高いものまでの差が30万円も違うことがあるくらい、そのお寺や地域によって、またお寺との関わりの深さによって、異なってくるのです。

宗派によって異なる、地域やお寺によって異なるということは理解していても、やはりいざとなれば、相場程度の金額を包まなければいけないような気持ちになってしまうことも少なくありません。

また、金額云々よりもお寺の行事にどの程度参加したか、寄付したかなどによって戒名料というのはかなり変わるとされています。
お寺に貢献していればしているほど、戒名料が安くなることもあり、場合におっては戒名料がなく院号がつけられることもあるようです。

このように、戒名についての相場は、あってないようなものという部分がかなり強いため、わからないことは葬儀社に聞くか、お寺の僧侶に直接相談をするなどしてみると良いでしょう。
誰でもわからないことはあります。

祖父母や親戚など、これまではどうしていたのか質問や相談ができれば良いですが、最近では実家が菩提寺を持っていないケースや、お寺や住職との付き合いがない場合が多くあります。
相場の金額が分からないまま、結局相手の言い値で支払いをしてしまうということも珍しくありません。戒名は特に未知の世界ですから、遠慮せずに相談することが大切です。

檀信徒や仏壇屋に聞くのも1つの方法ですが、今更聞けないという場合はネット上のサイトで調べることも可能です。


●エンディングパーク
葬儀と葬儀後の疑問解決サイトです。大姉や居士にの戒名について、詳しく説明しています。

大姉→http://en-park.net/words/7258

居士→http://en-park.net/words/6745


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。