信士・信女の戒名についての詳細

> 信士・信女の戒名について

信士・信女の戒名について

一口に仏教といっても、浄土真宗や浄土宗、曹洞宗など色々な宗派があります。宗派ごとにかなり特徴が異なってきますが、戒名に信士や信女といったものが使われることが多い傾向にあります。
宗派ごとにいくつか説はあるものの、信士というのは一般の仏教徒の男性に対して使われる戒名であり、信女というのは一般の仏教徒の女性に対して使われる戒名とされています。
戒名というのは、仏さまの弟子になったという証となり、また2文字であるという決まりがあります。

また宗派ごとに違ってくる部分はありますが、だいたいどこの宗派でも、信士や信女という文字は位牌の一番最後に彫られます。いわゆる位号と呼ばれている部分です。
また、もっとも一般的な位号の階級ですので、ほとんどの方の位牌の最後には、信士や信女といった言葉が彫られています。
これらの戒名をつけてもらうために、僧侶に依頼するわけですが、その値段も宗派ごと、またお寺ごと、時には地域ごとによってかなり異なるのが現状です。
ただ、一般的な相場と言われているのが、真言宗なら約30万〜50万円、浄土宗なら30万〜40万円、臨済宗なら30万〜50万円程度といったところです。

位牌にあらわす位号などの組み合わせや文字数でも戒名のランクは変わり、支払う値段も比例して高価になる場合もあります。
そもそも、戒名をいただく時点で相場や値段はないと言われている世界ですので、値段もあくまでも目安となります。

ただ、これから先、戒名を依頼することがないとは言い切れません。
人生のうち、何度も何度も戒名を依頼することはありませんが、それでも一度は通るかもしれない道でもありますので、値段の相場程度は把握しておいた方がいいかもしれません。

また、近年はお寺に直接依頼するのではなく、葬儀社を通じて葬儀を行うことも多くなってきています。
そのため、戒名などについても葬儀社を通じて行われる場合が多いでしょう。このような場合、葬儀社を通じて戒名料を支払うことになりますが、大半は戒名料が決まっていますので、心配することはありません。
しかしながら、相場を知っておかないと、葬儀社を通じて依頼する戒名料が適切な価格かどうかを判断することもできませんし、納得して支払うことができません。

そういった意味でも、信女や信士にはどのくらいの値段がかかるものなのかを父母をはじめとした家族や親戚で話し合い、基本の相場の値段を把握していることはとても大切です。


直接、僧侶に聞くことができる状況であれば、僧侶に相談をして見るのもいいでしょう。もちろん、身近にいる両親だったり親族にアドバイスしてもらうのも良い方法です。
調べてもわからないこと、どう判断したらいいのかわからないような時は、迷わず周りの方の助けを得ることが大切です。

知識として本来の意味と一緒に相場をお寺の住職に確認しても良いですし、相場の戒名料まで払えそうにない場合は事情をお話しして相談すれば色々と教えてくれると思います。
なかなか直接は聞きにくいという人は、ネット調べで相場を見るのも良いかもしれません。

●小さなお葬式
信士や信女の戒名について、宗派ごとの相場や位牌の並び、申込む場合の手続きが詳しく説明されています。

https://www.osohshiki.jp/terakuru/kaimyou/inshin/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。