初盆の供養の方法とお坊さんへのお布施の詳細

> 初盆の供養の方法とお坊さんへのお布施

初盆の供養の方法とお坊さんへのお布施

初盆は新盆とも言いますが、故人の葬儀・告別式の後、四十九日の法要を終えた後に初めて迎えるお盆のことを言います。一般にご先祖や過去に故人となった人たちの霊を祀る法事の時には盂蘭盆会と言い、この期間には浄土へ行った人たちが戻ってくると信じられています。お迎え火を焚いて戻るべき場所を示し、送り火を焚いて再び浄土へ戻る故人を見送ります。特に初盆には地域や地方、また宗派によって様々な決まり事がありますので、できる限り慣例に従って丁寧に供養をします。もし、告別式後に四十九日の法要を迎えていないときには、故人の盆供養は翌年に初盆として行います。

まず、初めて故人のお盆供養を迎える家では、故人の霊が迷わず戻ってこられように白提灯を掲げます。通常は秋草などの模様入りを毎年飾りますが、初めての時に限っては清浄無垢の白であることが大切で、送り火を焚いた後にはお焚き上げをして処分します。また、盆棚には花を飾り、個人の好物を供えて、お迎えをします。初盆はお盆の中でも特別で、親戚など個人に縁のある人たちも招いて精進料理でおもてなしをします。この時には自宅、お寺、お墓の前など場所はいろいろですが、お坊さんに読経をお願いするのも決まりごとの一つです。

お坊さんに収めるお布施は、初盆と一般の盆供養とでは相場が異なります。普通の供養では上限でも2万円ぐらいとなっていますが、初めてのお盆の時には少し割増となります。通常の倍の額を目安として読経へのお布施を納めます。お寺以外の場所へお願いする場合には、お車代を別途で包むことも忘れないようにします。お布施用の不祝儀袋がありますが、これは一般用です。初盆の場合には白い一重の封筒に包み、おぼんの上に袱紗を置きその上にのせて渡します。決して手渡ししないことも決まりごとのひとつです。封筒の裏には施主の住所・氏名を記載しておきます。お坊さんはお盆は忙しいので、法要後の会食で食事をすることはまずありませんが、冷たいお茶などで労をねぎらう気配りはしたほうがよいです。

初めてのお盆の準備はなるべく早めに日程を決めて、ますばお坊さんのスケジュールを押さえてしまうことが必要です。せっかく初盆に身内や親戚などの故人とお付き合いのある皆さまの出席を確認しても、肝心のお坊さんの手配ができなければ供養にはなりません。というのも、お盆の時期は短いので、多く檀家を抱えるお坊さんになるほど多忙になります。菩提寺がない場合には、葬儀をお願いしたお坊さんにお願いするのが一般的です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。