戒名料というのはなくお布施に含んで納めるの詳細

> 戒名料というのはなくお布施に含んで納める

戒名料というのはなくお布施に含んで納める

お布施とはお寺に納めるお金のことで、葬儀や通夜告別式や納骨式などの法要でお経をあげてもらったり、戒名をつけてもらったりしたときに感謝の気持ちを表す手段です。家族や親戚または知人に不幸があったりなど親族で葬儀などを執り行わない限りお寺や宗教との接点がほとんどないという人が多いですが、葬儀を仏式で営む時や仏前での結婚式などでは必ずお世話になります。また、お盆やお彼岸などは生活行事としてほとんどの人がかかわりを持っています。そして、喪主や施主にならずとも弔問客としてお世話になることが多いのが葬儀です。

仏教の葬儀にはお坊さんに頼んで読経を上げてもらいますが、いくらなんでも無料でというわけにはいきません。故人に対して回向をしてもらったのですから感謝の意を表する必要があります。読経と戒名分を合わせてお布施という形でお金を納めます。金額は宗派、お寺の格式、戒名のランクによって異なりますし、葬儀においては読経の回数によっても変わってきます。そして、別の不祝儀袋などで戒名料として支払うことはありません。

お坊さんへの謝礼は基本的にはお気持ちによるのですが、世間一般が参考にしている相場に従って納めると心配がありません。具体的には、葬儀の際には通夜と本葬を合わせて5回から6回の読経が行われ、同時に初七日の法要や戒名の費用を合わせると目安として最低でも50万円前後の費用がかかります。さらに戒名にはランクがあり、高位のものは上限がないとも言われていますので、お布施として用意した金額を伝えてからお願いをするという方法もあります。菩提寺があるのならば、お寺に直接費用を確認してもよいですし、葬儀相談サイトなども参考になります。また同じ檀家となっている親戚などに相談をして額を決めると、世間体を保つことができます。中には、檀家でなく葬儀や法事限定で利用できるようにと明確な料金設定をしているお寺もありますので、事情を話し金額を確認して依頼をすることができます。

また、葬儀社を利用してお坊さんの手配も任せることは可能ですが、お布施の支払いは葬儀代とは別に行うのが一般的で、依頼をした手数料は請求されることがほとんどです。葬儀にはたくさんの費用がかかりますので、無駄な費用を使わずに故人に精一杯の供養をするためには、自分で手配をしたほうが納得できます。宗派は問わずに依頼を受けてくれるお坊さんが多いのですが、真言宗などのように特殊な宗派もあるという点には注意が必要です。通常はお布施と戒名料は合わせて納めますので、もし請求書に戒名料などと記載されていたら、二重支払いにならないように入金前に業者に詳細を確認することが必要です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。