一番高い戒名をつけるための条件の詳細

> 一番高い戒名をつけるための条件

一番高い戒名をつけるための条件

葬式にあたり故人のための戒名を依頼する場合、それなりに値段は張りますができれば最高ランクの戒名をつけてほしいと願うのは遺族ができる最大限の供養かしれません。日常生活において仏教と密接な関わりを持って生活をしている人は冠婚葬祭の仕事に関わっている人や檀家として先祖の供養をしている人以外はごくわずかです。そのため、葬儀の時に初めて戒名の必要性を知る人も多いです。どのような意味があるのかというと、仏の弟子になったという証につけられるものです。仏門に入っている場合には、宗派ごとの戒律を受け入れた弟子に与えられるものなので、必ずしも故人のためのものではありませんが、一般の人にとっては現世の名前から浄土での名前にとって代わる名前という認識が強いです。このような理由から、できるだけ位の高い名前をもらえれば、浄土で安らかに過ごせると考えられています。

位牌に書かれている文字数は6文字から11文字ですが、このうち戒名にあたる部分は2文字です。それに院号、道号、位号が加えられて、全体で戒名と呼ぶようになりました。仏教にある多くの宗派で行われている慣習ですが、浄土真宗では法名、日蓮宗は法号と呼び少し構成が異なっています。さらに、この慣習は日本独特の考え方で、仏教を信心している他国では行っていないものと言われています。

最高ランクの戒名は位号の種類によって付けることができます。位号のうち一般的なものは信士・信女もしくは居士・大姉で、大抵はこのどちらかをつけています。一番高い戒名は院殿大居士で、かつては将軍にのみ与えられ、いくら庶民が望んでもつけてもらえるものではありませんでした。現在でも菩提寺に深くかかわっていて多大な貢献をしている、社会的な貢献度も高いなどの条件をクリアしていることが必要と言われていて、その上、お布施も数百万円程度のお金が必要とされています。○○院殿○○○○大居士というように表します。次に高い戒名は○○院○○○○居士という院居士・院大姉というのがありますが、仏教や社会に対して貢献をしていることが前提となっています。

戒名は金額的に高いのが最も良いというものではなく、浄土ではすべて平等であるという仏教の教えがありますので、故人を大切に思う気持ちだけで身の丈に合わないお布施を払わなくても、家族からのお悔やみの気持ちは伝わるとされていますので一般知識として覚えておくとよいでしょう。そして、庶民にとって一番高い戒名は院居士・院信女と言われていて、お布施にかかる費用の相場は30万円程度です。宗派によっても相場金額には差がありますし、菩提寺がある地域によっても特徴がありますので、葬儀を行う宗派と地域を考慮してつけてもらうことがベストな選択です。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。