日蓮宗と日蓮正宗の違いはどこにあるのかの詳細

> 日蓮宗と日蓮正宗の違いはどこにあるのか

日蓮宗と日蓮正宗の違いはどこにあるのか

仏教の葬儀をする場合には、故人が信仰していた関係する宗教・宗派のしきたりによって供養することが必要です。同じ仏教でも似たような名称の宗派がありますので師の教えの根本をまちがえないことが重要です。たとえば日蓮宗と日蓮正宗は似たような宗派名をしていますが、似て非なるものです。遺されたものの役割として遺族に供養をする気持ちがあっても、故人の意に沿わない形で供養をしても成仏できない可能性があるので慎重に行うことが大切です。日蓮宗と日蓮正宗の成り立ちの違いを簡単に言えば、日蓮上人が提唱した法華経の解釈が違っていることです。ご本尊について日蓮宗では上行菩薩の位置付けが最も高貴であり、日蓮上人その人であるとしていますが、後者の日蓮正宗では日蓮上人は久遠の釈尊の生まれ変わりといっていて理由が違いますます。双方が対立していることはありませんが家で葬儀を執り行う際は、まず最初に日蓮宗と日蓮正宗の違いを確認して要点を押さえておくと失敗がありません。

機会あるごとに男女問わず神社仏閣に関心があり対象を観光をする人も増えていますが、お寺の中から釈迦如来のお経ではなく、馴染みのある南無妙法蓮華経と何度も唱える声と団扇太鼓の音が朝に晩に聞こえてきたら、そこは日蓮宗のお寺であると特定できます。日蓮宗の総本山は法華経の教えを踏襲する宗教で、功徳を積むことで現世とつながり救いが得られるという考え方をしています。葬儀における最も大きな特徴はお題目を唱えることです。開祖である日蓮上人は、南無妙法蓮華経の7文字に法華経のすべてが表現されているとして、法華経を繰り返し唱えることによって正しく功徳が行えて悟りを得られるだけでなく、故人の供養もできるとしています。また、仏壇に備える位牌に来世での名前である戒名の代わりに法号を用いているのも特徴です。葬儀には白木の位牌で供養することなどは他宗と差異はなく、法名料も最低30万円からと特別高くも安くもありません。

一方、日蓮正宗にも法名があります。ただし、多くの宗派のように生前に授けるというようなことはありません。修行中の身に知らせる必要はないという考え方からで、故人となった時に現世での修行が終了したと認定をして初めて法名が授けられます。院号・日号もしくは妙号・法号・位号で構成されています。位号には信士・信女、居士・大姉をつけるのが一般的です。日蓮宗との違いは法名の額です。どの宗派でもお布施は「お気持ち」で良いというのが建前ですが、相場を調べると15万円から100万円超えとなっています。しかし、お金で信仰は買えないという考え方に基づいていることから、日蓮正宗では無料というのが一般的です。お布施はいくらでも納めてかまいませんが、それが法名のランクに反映されることがない、というのが日蓮正宗の特徴でもあります。宗教と一口に言ってもカルトな団体ばかり批判されていたりしますが、いろいろ派生していても、唯一信仰心と故人を供養する気持ちが最も大切であるということです。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。