お坊さんに支払う費用はお布施で金額はあってないようなものの詳細

> お坊さんに支払う費用はお布施で金額はあってないようなもの

お坊さんに支払う費用はお布施で金額はあってないようなもの

葬儀は頻繁にあっては困る行事なので、いざというときにどのくらいの費用が掛かるのか見当がつきません。葬儀屋がすべて執り行ってくれるからいいや、と考えている人も多いですが、依頼する業者や利用するパッケージによって含まれる内容や料金は異なります。祭壇や弔問客への対応などの費用はたいてい標準で含まれていますが、お坊さんに支払う費用はケースバイケースです。

葬儀におけるお坊さんの役割は読経を上げることです。葬儀のスタイルにもよりますが、通夜、葬儀、告別式と3回前後が一般的と考えられており、弔問客のスケジュールなどを考えて、初七日の法要も同時に行うケースが多いです。

お坊さんに支払う金額はお布施と言い、20万円前後が相場です。ただ、これはお坊さんが1人の場合で、宗派や依頼の仕方によっては脇導師と呼ばれる弟子のような人が複数人付き添ってくることがあります。この場合はお坊さんに支払う金額の1/3程度の費用が必要です。

御布施の支払に不安があるのなら、葬儀社が提携しているお坊さんの場合には葬儀社にお布施の金額や紹介料の有無を質問し、事前に確認してもよいです。直接尋ねても失礼には当たりません。

葬儀形式によって、いくら程度支払いが発生するのか分からずに不安な人も多いですし、迷っているのならきちんと確認したほうが良いです。

さらに、戒名を依頼する場合には、1文字につき10万円が戒名代の相場となります。費用は宗教や戒名のランクによっても異なることがあります。支払いは通夜、告別式等の葬儀費用は業者に、布施料はお坊さんにそれぞれ直接支払います。

直接的費用の他に、お坊さんにはお車代として交通費も支払います。たとえ自家用車で運転してきたとしても必要な経費です。また、通夜や告別式で食事を共にすることはありませんので食事を出す必要はありませんが、お食事代としていくらかの費用を包むこともあります。
直接費用を確認するのがためらわれるのなら、相場よりも格安の費用で読経をしてくれる僧侶の派遣をしているサイトなどを利用する方法もあります。

また、お坊さんとの付き合いは葬儀のみで終わるものではありません。
初七日の後には49日法要が控えていますし、慣習にこだわる人なら一周忌までのあいだの100日法要、新盆、彼岸などにも読経のお願いをします。
お墓や納骨堂、民間霊園等、故人の遺骨を納骨する時にもお世話になります。その後は三回忌、七回忌と法事を行って故人をしのび、たいていは三十三回忌を以て弔い上げとし、最後の法要を執り行います。
ただ年々規模は縮小するのが一般的ですから、お坊さんのお世話になって大々的に法事を行うのは七回忌までということが多いです。
法事に支払う御布施は5万円前後が一般的です。


●お坊さんJP
葬儀費用を安く済ませたいという遺族の希望に沿った料金設定をご提案します。お通夜、葬儀、法事、法要の読経をそれぞれの宗派に対応した形で
サービスを提供します。サイト内には支払例を細かく書いていますので、参考になりますよ。

http://obousan.jp/price.html


●お葬式コンシェル
家族葬、一日葬、火葬式等、どのようなスタイルで葬儀を済ませるかによって支払い料金が変わってきます。こちらのサイトでは、
「このスタイルならどうなるか」「この金額内で済ませるにはどのような方法があるのか」を相談することが出来るので、非常に便利です。

http://www.osoushikiconcier.com/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。