一般的に多い戒名といっても全く同じものはないの詳細

> 一般的に多い戒名といっても全く同じものはない

一般的に多い戒名といっても全く同じものはない

仏教では、俗名という現世の名前は故人となると使うことが出来なくなります。そのため葬儀に間に合うように檀家であるお寺の住職やお坊さんに依頼して、戒名をつけてもらいます。お坊さんの場合には、仏教の教えを学んで仏様の弟子として認められた証としてつけられるものですが、仏教と深いかかわりを持っていない故人の場合には、仏門を通って浄土で成仏させるためにつけられます。戒名をつけるのは仏教だけですが、仏教には多くの宗派があり、枝分かれしているものを含めるとはっきりとした数は不明とも言われています。共通していることは故人が浄土で使用する名前であるということなので、一般的に多いといっても、まったく同じということはありません。種類分けができるとすれば戒名の位号のランクです。

戒名の文字数は10文字前後あり、追善供養するために位牌にも記して使用します。実は肝心の純粋な戒名の部分は2文字だけです。前後に院号、道号、位号をつけることによって故人らしさを表しますが、その分値段に差がでます。特に、戒名の一番下にくる位号によって格付けとランクが生まれます。もっとも高貴なのは院殿大居士で、むやみに与えられるものではなく、寺を建立したなどの高い貢献をや相応の行いを果たした人のみがつけてもらえる名前で、その費用には数百万円もの金額が必要とされています。次が院居士・院大姉ですが、この名前もあまり数は多くなく、自分が所属している宗派への高い貢献度だけでなく社会に対しての貢献度が高いことが条件で、気持ちというにはそれなりに高額なお布施が必要です。このような内訳は真言宗を除く多くの宗派に共通していますが、菩提寺のある地域によって金額の上限や下限は変わってきます。普通は、戒名をつけてもらうのに定価はありませんので料金が異なります。価格が表記された一覧表のようなものを見せられてどれにしますか、というようなことはまずありませんので親戚にも相談をし助言をいただいてみてください。

お坊さんや葬儀社のスタッフから一般的に多いタイプにしますか、と言われれば他家より突出しないということに安心して依頼できますが、後で業者などから金額の内訳を聞いて慌ててしまうこともあります。費用の準備もありますので、予め用意できる金額を言っておく方がよいかもしれません。お金の話をすることは恥ずかしいという慣習が日本にはあるため、交渉がしにくいという人もいるのですが、きちんと話をしておいたほうが安心して故人をお見送りできます。補足として、ご存じかもしれませんが戒名は故人となってからつけるというものではないので、元気で経済的な余裕があるときに自分のこだわりなどを入れて、自分の意見を含めてつけてもらうこともできます。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。