浄土真宗では故人は戒名ではなく法名を名乗るの詳細

> 浄土真宗では故人は戒名ではなく法名を名乗る

浄土真宗では故人は戒名ではなく法名を名乗る

仏教では故人となると現世で使用していた名前(俗名)は消滅し、浄土では戒名を使用するようになります。素人ではわかりにくいのですが、宗派によって命名した意味や形態に違いがあります。そのうち最も顕著なのが、在家仏教の浄土真宗だけは戒名にかわって法名をつけることです。特徴は生前につけてもらう名前であるという点で、阿弥陀様の教えに従って生きるという表明をする帰敬式を受けるときにいただく名前です。故人となってからもらうこともできますが、できる限り帰敬式に参加して生前に先につけてもらうことを推奨しています。通常、戒名として認識されているものは4つの部分で構成されていて10文字前後ありますが、浄土真宗の法名はとてもシンプルで、院号の下には釈号があり必ず釋・釋尼となっています。そして法名の2文字を帰敬式でつけてもらいます。

さらに、四十九日までに必要と言われている追善供養のための本位牌も用意する必要はありません。これは故人になるとすぐに仏になれるという考え方に基づいているからで、供養の手段として一族の故人を記した家系図のような過去帳や法名軸に、帰敬式でもらった名前を菩提寺のお坊さんにお願いして記しておくのみとなっています。ただ、これは絶対というものでもなく、中には位牌にして自宅の仏壇で供養をする人もいます。

この他にも、浄土真宗は葬儀だけをとっても他の宗派と慣習にいろいろな違いがあります。たとえば他の宗派の葬儀では六曜を気にして、友引は故人が友を連れて行ってしまうから良くないと言って葬式の執行を避ける傾向がありますが、浄土真宗においては日柄はまったく気にしません。通夜には欠かせない、山盛のごはんにお箸を立てた一膳飯、枕だんご、故人の胸に置く守り刀、旅装束と六文銭といった慣習もありません。親族である自分の実家や家族全員がどのような宗派に属しているかを知らない人も増えています。葬儀は計画して行われるものではなく、突然に必要となるセレモニーですから、大変ショックを受けたときにバタバタする事だらけになるまえに、生前に実家や親戚一同に宗派についてだけでも相談や確認しておくとあとあとトラブルを回避できます。

たいていは、葬儀から戻ったらお清めの塩を振ってから自宅に入るということは誰もが知っていることで、会場で渡される香典返しの中にもセットされています。塩は穢れを払うものという意味合いで古くから日本では用いられています。料亭などの玄関にある盛り塩、押し売りなどを追い払ったときに塩を撒くことなどはこのような理由から行われています。しかし浄土真宗では、故人となってからは阿弥陀様の弟子として働くことになるのだから、穢れを振り払うという意味を持つ清めの塩は存在しません。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。