戒名を格安の費用でつけてもらう方法の詳細

> 戒名を格安の費用でつけてもらう方法

戒名を格安の費用でつけてもらう方法

仏教の儀式にかかる読経料や戒名料、お寺や住職に支払う車代等の費用は、「お気持ち」によって支払えばよいと言われています。
しかしある程度いくらくらいなのかという相場を知っておかなければ、安すぎたり高すぎたりと周囲とのバランスが悪くなってしまい、恥ずかしい思いをすることも少なくありません。
葬儀相談サイトや葬儀社に資料請求をしたり、付き合いのあるお寺の住職や親戚等に話を聞いて確認し、平均的な価格の目安を確認しておくことで、いざというときにもあわてずに済みます。
宗派や地域などによって変動がありますし、檀家であるなしによっても必要な費用が異なりますが、平均的だとしても決して安い額とは言えません。
お気持ちではなく、はっきりと価格表を掲げている寺院などを知っておくと安心して故人の供養ができます。

戒名は故人となった人の浄土での名前です。仏教の決まり事がいろいろとあるのですが、本来は生きている間に授かっているものです。
ただ、宗教と密接な関係を持っていない人が大半なので、故人となって浄土へ渡る時になってからつけるという慣習になっています。
葬儀に合わせてお坊さんにつけてもらい、仮の位牌に書いてもらいます。その他、四十九日までに用意する本位牌、墓石の2か所に刻みます。
このようなことから、宗教が日常生活と密接につながっていなくても、仏教の慣習に従って故人との別れの儀式を営む場合には、戒名がなければ俗世から浄土へ旅立つことができないという仏教の教えに従うことが必要です。

一般に位牌に刻まれている文字数は6文字から11文字となっていますが、このうち戒名にあたる部分は2文字のみです。その他は、院号、道号、位号という仏教上の決まりごとやランクに倣ってつけられています。
ならば2文字だけにすれば格安になるではないか、というとそうはいかず、最低でも6文字でなければなりません。もちろん6文字より11文字のほうが費用は高くなりますので、格安でつけたい場合には6文字構成にするのが適しています。
葬儀の際にお坊さんにつけてもらうわけですが、読経のお礼として渡すお布施と合わせて支払いをするか、別途での支払いになります。6文字で済ませる場合は、15万円から30万円前後です。
金額があいまいなのは宗派や地方によって金額に幅があるためです。この曖昧な金額も「お気持ち」として自由となっておりますが相場はだいたい決まっています。

お坊さんの手配の方法によっても金額が異なってきます。
葬儀社が提携している寺院などの場合には、価格が明確になっていることが多いので、費用が心配な場合には前もって質問し相談しておくこともできます。
また、お坊さんの派遣をしているサイトや葬儀相談サイトでは、全ての費用が料金設定されているため依頼する前に金額を確認できます。
その上、格安の設定となっているところが多いので、複数のサイトで費用を比較しておくといざというときに負担が最小限で済みますので役に立ちます。

●お坊さんjp
お坊さんを派遣しているサイトです。葬儀中だけではなく、1年忌や初盆などの法要でも相場より安い価格で読経を引き受けてくれます。檀家では無い場合や
付き合っているお寺が無い場合が最近では多いので、必要な時に明確な料金でサービスと価格を提示してくれるお坊さん派遣サイトは現在人気急上昇です。

http://obousan.jp/

●お助け戒名ドットコム
戒名や葬儀の無料相談をはじめ、生前に決めておきたい戒名など、色々とサポートをしてくれます。宗派やランクによってどのくらいの相場になっているのか
一覧表でも説明してくれているので分かりやすいですよ!

http://otasukekaimyou.iinaa.net/qa-kaimyouryousouba.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。