戒名の値段のつけ方と必要性の詳細

> 戒名の値段のつけ方と必要性

戒名の値段のつけ方と必要性

戒名とは大ざっぱに言えば故人の浄土での名前のことで、位牌に記してあります。本来は、仏教において仏門に入り、仏様の弟子になった証としてつけられるものです。
厳密にいえば、仏教徒でなければ戒名は必要がないものでもあり、お坊さんなどは生前から持っているものです。
また、仏教では埋葬するためには戒名が必要という考え方があることから、多くの場合、葬儀までにお坊さんに依頼してつけてもらいます。
中にはお坊さんに依頼せずに、故人の個性を生かした浄土での名前を独自で考えて位牌に記している人もいます。
仏教には多くの宗派がありますが、浄土真宗だけは法名といいます。

戒名をお坊さんにつけてもらう時には、宗派、お寺のランク、地域によって、また漢字で記載されている文字数によって値段が異なります。
実際の戒名にあたるのは2文字のみで、あとは院号、道号、位号の順番で構成されていて、全てを合わせて6文字、9文字、11文字があります。
院号というのは本来は社会貢献に対してつけられるもので、道号は仏教を会得した高貴な人につくものです。
そして、位号は性別や信仰の深さによってランクがあり、男性と女性とでは表記が異なります。
オーソドックスなものが信士・信女、少し高貴になると居士・大姉、この上が大居士・清大姉となっています。
多くの場合、位号のランクによって価格に差がつけられています。
このような決まりがあるのですが、故人の生前の名前である俗名の文字を用いたり、家族に聞いた情報で、故人の人柄などが想像できる文字を用いたりすることも多いです。

価格の一覧表などはなく、つけてもらった感謝の気持ちをこめてお布施に含めたり戒名料として別に支払います。
1文字10万円という人もいますが、相場は6文字の場合15万円から30万円、9文字では50万円から75万円、11文字になると100万円以上となり上限がないとも言われています。
葬儀に合わせてつけてもらいますが、混乱しているときなので上の空で返事をしてしまうと、後で法外な請求書が届くとも限りません。

戒名は故人の住む世界が変わったことによってつけられる名前のようなものですが、故人のことを戒名で呼び合うということはありません。
にもかかわらず、埋葬するためという以外に高額な費用をかけてまでお坊さんにつけもらうのは、亡くなった家族である故人への供養という考えの意味合いが強くあるためです。
もし費用が用意できない場合には、お坊さんを格安で派遣しているサイトなどを利用すると、相場よりもいくらか安い費用でつけてもらうことができます。
また、派遣サイトは料金の一覧表で金額がしっかりと提示されている場合が多いので、支払いをする時に請求書の料金を見て驚いたというリスクもありません。


●小さなお葬式
葬儀関係に必要な知識を色々と教えてくれるサイトです。戒名代の相場とつける基準を詳しく説明していますので、是非参考にして下さい。

http://www.osohshiki.jp/column/article/96/


●お坊さんJP
お坊さんの派遣サイトです。値段も通常より安くで手配出来る場合が多い上に料金設定も明確なので、あとからの請求が心配ということもありません。
それぞれの宗派に合わせたお坊さんも用意していますし、戒名代を安くで済ませたい人をはじめ、檀家ではなかったり、菩提寺が無い人に使いやすいと
評判です。

http://obousan.jp/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。