法事でお坊さん以外に渡す心づけの詳細

> 法事でお坊さん以外に渡す心づけ

法事でお坊さん以外に渡す心づけ

葬儀や法要でお世話になるのはお寺の住職や葬儀屋のスタッフばかりではありません。
たとえば葬儀では、故人の運搬や遺族・弔問客の送迎をしてくれる運転手や火葬場のスタッフ、弔問客の対応を手伝ってくれる葬儀関係の業者以外の人たちなど、多くの人たちにお世話になっています。
自分に小さい子供がいるのに葬儀を取り仕切らなければならない場合は、親戚や家族たち姉弟が自分の子供のお世話を引き受けてくれることもあります。

葬儀に慣れている人はほとんどいませんので、やるべきことに追われていると心付けまで気が回らないことがおうおうにしてあります。
もらえなかったことで文句を言う人はまずいませんが、心得ておくと後悔することがありません。

法事ともなると、一番大変な葬儀後に執り行うセレモニーなので、前もって誰にどのくらい渡せばいいのかを確認しておくと、スムーズに準備をすることが出来ます。

心付け葬儀や法事でお世話になるのはお坊さんや葬儀社のスタッフばかりではありません。たとえば葬儀では、故人の運搬や遺族・弔問客の送迎をしてくれる運転手、焼き場の係員、弔問客の対応を手伝ってくれる業者以外の人たちなど、多くの人たちにお世話になっています。
葬儀に慣れている人はほとんどいませんので、手探り状態でやるべきことに追われていると、心付けまで気が回らないことも珍しくありません。
もらえなかったことで文句を言う人はまずいませんが、心得ておくと後悔することがありませんし、人間関係も円滑に回すことが出来ます。

法事ともなると、一番大変な葬儀後に執り行うセレモニーなので、前もって誰にどのくらい渡せばいいのかを確認しておくことができて準備がしやすいです。
心付けの相場は、運転手なら最高でも1万円のサービス代、会食の世話係なら3千円前後のサービス代で大丈夫です。
あまり仰々しくするとかえって失礼に当たります。さらに、葬儀の際に公営の斎場を利用した場合には、スタッフは公務員なので心付けを受け取ることはありません。
私営の場合には5千円前後がサービス料の相場です。

しかし、葬儀や法事にかかわってくれた人全員に渡そうとするときりがなくなってしまいます。
喪主が会社員で職場の同僚や後輩が手伝いに来てくれた場合には、現金ではなくプリペイドカードやお食事券で代用することが多いです。
最近では心付けを渡さないというケースも増えているようです。

法事は、葬儀の後7日ごとに訪れるセレモニーで、故人の御霊が安らかに成仏して三途の川を渡れることを願って行います。
よほどの旧家でもない限り、初七日から7日ごとに法事を行うことは少なくなっていますが、忌明けとなる49日、1周忌、3回忌、7回忌ぐらいまでは血縁者だけでなく、友人知人を招いてセレモニーを行う人は多いです。
納骨をしたお寺や墓地、もしくは自宅にお客様を招いて、住職にお経をあげてもらい会食などを催します。

1周忌からの法事の準備は、2か月前から始めると抜かりがありません。お客様に対しても早めに日程を決めて連絡すれば、スケジュールの調整をしてもらいやすくなります。
故人の命日に行えれば問題はありませんが、休日と重なっていない場合には最も近い休日で日程を組みます。開催場所を決定したら、お坊さんの手配をして当日にお経を上げてもらえるようにスケジュールを押さえておきます。
後は、会食の場所選びと招待状の作成・発送です。法事には引き出物が必要ですが、後々まで残ってしまうものは避け、菓子類などにします。
サービス料の相場は、運転手なら最高でも1万円、会食の世話係なら3千円前後で大丈夫です。あまり仰々しくするとかえって失礼に当たります。さらに、葬儀の際に公営の斎場を利用した場合には、職員は公務員なので心付けを受け取ることはありません。私営の場合には5千円前後が相場です。しかし、葬儀や法事にかかわってくれた人全員に渡そうとするときりがなくなってしまいます。
喪主が会社員で職場の同僚や後輩が手伝いに来てくれた場合には、現金ではなくプリペイドカードやお食事券で代用することが多いです。また、心付けを渡さないというケースも増えています。

法事は、葬儀の後7日ごとに訪れるセレモニーで、故人の御霊が安らかに成仏して三途の川を渡れることを願って行います。よほどの旧家でもない限り、初七日から7日ごとに法事を行うことは少なくなっていますが、忌明けとなる49日、1周忌、3回忌、7回忌ぐらいまでは血縁者だけでなく、友人知人を招いてセレモニーを行う人は多いです。納骨をしたお寺や墓地、もしくは自宅にお客様を招いて、お坊さんにお経をあげてもらい会食などを催します。

1周忌からの法事の準備は、2か月前から始めると抜かりがありません。お客様に対しても早めに日程を決めて予定を連絡すれば、スケジュールの調整をしてもらいやすくなります。故人の命日に行えれば問題はありませんが、休日と重なっていない場合には最も近い休日で日程を組みます。
開催場所を決定したら、お坊さんの手配をして当日にお経を上げてもらえるようにスケジュールを押さえておきます。後は、会食の場所選びと招待状の作成・発送です。法事には引き出物が必要ですが、後々まで残ってしまうものは避け、菓子類などにします。


●葬儀費用は平均いくらかかるの?費用相場の比較
葬儀費用の平均はいくらか、どこの業者に頼めば良いのか、少しでも費用を抑えるにはどうすれば良いのかを詳しく書いているサイトです。
明確な料金表示が無いからこそ手配に迷う心付けについて、運転手や料理配膳人、お手伝いに来てくれた近所の人、葬儀担当スタッフ等それぞれへの目安が記載されています。

http://everydayhappy.info/kokoro.html

●葬儀レビ
葬儀の事前準備やマナーの確認、葬儀社探しや実際の葬儀を依頼する等、葬儀のことなら何でも教えてくれるサイトです。お布施の相場や渡すタイミング等、色々と書いているので「人に聞きづらい」と感じる時にはとても便利なサイトです。
24時間365日電話でスタッフが色々な質問に対応してくれるので、知りたい時にすぐ調べることができ、安心して準備を進めることが出来ます。

http://sougi.minrevi.jp/qanda/thread/index/i_125410.html


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。