お坊さんに納めるお布施の支払い金額の相場の詳細

> お坊さんに納めるお布施の支払い金額の相場

お坊さんに納めるお布施の支払い金額の相場

お坊さんに依頼した読経や戒名等の仕事に対して支払う費用をお布施と言います。故人に対して回向を務めてもらった感謝の気持ちを、現金という形で表します。
そのため、支払金額に下限や上限はないのが建前となっています。しかし、表面上そうは言うもののボランティアとは意味がことなりますので、交通費には別途車代を出す等、時間の拘束によって相応の費用が発生します。
また、故人の身内にとっても、亡くなった家族の為に最善を尽くしたいという思いから、他家と比較してあまりにも安すぎるお布施では世間体が悪いという考えもあります。
平均的にはいくらくらい金額を支払っているのか、お寺や周囲に質問し大体の相場を知っておけば、万が一の時に慌てずに済むので安心です。

お坊さんの仕事は多々ありますが、一般的には読経、戒名をつけること、塔婆を書くことで、時にはお釈迦様の教えを広く伝えるために講和会なども開催しています。
ただ、日常生活上では密接な関わり合いを持っている人は稀で、通夜、葬儀、告別式、法事などでお世話になる程度がほとんどです。
そのため、謝礼としてお坊さんに渡すお布施の支払い金額について、色々質問してみても友達や家族では精通しているほど知っている人があまりいないのが現状です。
いざというときに慌てないように、標準的な額を調べておくと安心ですので、思い切って住職に直接聞くこともオススメです。

葬儀には通夜と本葬があり、最低でも2日間にわたってお坊さんにお世話になります。
葬儀の準備や進行などは葬儀屋が執り行うとしても、業者が僧侶を丸抱えしているケースはほとんどありません。
その都度、葬儀屋が提携しているお寺などに連絡をして読経の依頼をすることになります。また、菩提寺があり檀家となっていれば、すぐに読経に駆けつけてくれます。
必要となる費用は同じ仏教でも浄土真宗や曹洞宗、臨済宗教などの細かい宗派や、地域のしきたりによって格差があり、お経の回数によっても差が出ます。
平均すると20万円から50万円となっていて、ここには戒名代や塔婆の費用も含まれます。

ただ、本来は「お布施は感謝の気持ちがあればいくらでもよい」ということになっているので、金額はあってないようなものです。
価格表があるのは非常に稀なので、支払い金額がいくらになるのか不安だったり、どうしても費用が捻出できない場合には小額でも良いか相談をすることも可能です。

葬儀の後の49日と一周忌には5万円前後、三回忌を過ぎたら年忌には1万円から5万円程度で済みます。
お経はお墓の前や納骨をしたお寺などで上げてもらうことがほとんどですが、自宅や他の場所に招いたときには、お車代やお食事代が別途必要となることもあります。
さらに、お盆、お彼岸には1万円程度で済みますが、故人と遺族が初めて迎える新盆の時だけは3万円から5万円を納めることが多いです。


●お布施相場コム
お布施の包み方や書き方、渡し方、相場までよくある質問と一緒に色々説明しているサイトです。疑問に思ってはいるけれど、なかなか人に聞けないと困っている人は、ここのサイトで色々調べてみるのも良いかもしれません。

http://www.ofuse-soba.com/bag.html

●エンディングパーク
お布施についての疑問はもちろん、葬儀や相続、お墓等についても詳しく教えてくれる、葬儀や葬儀後に発生しがちな問題についての解決サイトです。
色々と調べることも出来ますし、それでも不明な点は専門家にも相談することが出来ますので是非ご利用下さい。


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。