お経に支払うお布施が安いのは派遣のお坊さんの詳細

> お経に支払うお布施が安いのは派遣のお坊さん

お経に支払うお布施が安いのは派遣のお坊さん

葬儀や法事の際にはお坊さんにお経を読んでもらいます。一口に仏教と言っても、浄土真宗や曹洞宗等、様々な宗派がありお経の種類もそれぞれです。
例えば、仏教にはお釈迦様の教えが48000あるといわれていますが、正確な数は把握されていません。
お坊さんはお経を読むことによって功徳を積むことができるというのが元々の考え方で、故人に対して唱える場合には、功徳を回向することを目的としています。
本来は読経料のようなものはないので、御布施として自分たちの感謝の気持ちを伝えます。

葬儀の際の御布施の額は、宗派、地域などによって変わってきますが、僧侶のランクによって変わることはなく、位が高いと高くてアルバイトや見習いなら安い、ということはないのが一般的です。
金額はお経を読んだ回数によっていくらになるのか変わってきます。葬儀は通夜と告別式だけだと思っている人は多いですが、しきたりを重んじる場合には、通夜の前に枕経があり、告別式の後には火葬場でも読んでもらいます。

初七日も一緒に執り行う場合もありますので、5回から6回くらいは読んでもらうことになります。そして、1回あたりの相場は5万円から7万円くらいですから、6回で7万円とした場合単純計算で40万円以上かかることになります。
さらに戒名を頂いた時に戒名料もがかかりますので、50万円前後は必要です。家族の希望で戒名無しとすればもちろん支払い戒名料は無料ですし、少しでも良い戒名を付けて欲しいという場合は高額戒名を申し込めば、値段は
張るものの立派な戒名を付けてくれます。それを安いと感じるか高いと感じるかはそれぞれですが、葬儀の費用はこの他にも色々とかかるということは覚えておかなければなりません。

菩提寺がなく檀家でもない場合には、葬儀のお経を依頼するお坊さんを探さなくてはなりません。葬儀屋が手配してくれる場合には葬儀屋に御布施の費用などを確認できますが、ほぼ相場通りの費用が掛かると考えてよいでしょう。
もっと安い費用で済ませたいのなら自分で手配することもできます。パソコンを使ってインターネットで検索するとたくさんの情報があり、お坊さんを派遣してくれるサイトも探すことができます。
このようなサイトでは、費用に幅のある御布施ではなく、いくらの支払いになるのか固定の金額がしっかりと明記されています。

また、葬儀が済んでもそれで終わりではありません。葬儀の後にもお経を読んでもらう機会があります。法要は初七日以降、7日ごとに法要を営む日が決められていますが、次に行うのは一般には49日でこの日を以て忌明けとなります。
さらに百か日、1周忌と続き、33回忌を弔い上げとするケースが多いです。いずれの場合もお坊さんを頼んで法事を行う場合にはお経を読んでもらいますが、葬儀の時よりは御布施は安いです。
この他にも新盆、彼岸、お盆などにも読んでもらう機会がありますが、すべてのしきたりを実施するケースは少なくなりつつあります。


●小さなお葬式の知恵袋
葬儀後の法要や年季のタイミングを丁寧に説明しています。実際のところ、どのタイミングでどういう儀式をすれば良いのか分からないという方は、こちらで
一度ご確認下さい。

http://www.osohshiki.jp/chiebukuro/knowledge/houji.html


●僧侶がゆく
お坊さんの派遣サイトです。最近ではお寺との付き合いがなかったり、仏教ということ以外は自分の家の詳しい宗派が分からない…。という家庭も
珍しくありません。色々なプランがありますのでまずは相談して見積もりを申し込んで見て下さい。

http://souryoga19.net/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。