お経に支払う金額は1回ごとになっているの詳細

> お経に支払う金額は1回ごとになっている

お経に支払う金額は1回ごとになっている

お坊さんへの支払いの時に、いくら支払うのかという請求額が記載された、お経料という明細が書かれていることがあります。
主に葬儀からお坊さんの手配までをすべて葬儀業者に依頼した場合の請求明細に書かれていることが多いのですが、葬儀を通して枕経から初七日の分まであげたお経にかかった金額で、いわゆる御布施のことです。

この御布施は、宗派や院号、法事の種類や家族のこだわりや習慣で全く違う為、これという明確な正解はありません。例えば実家の習慣通りにしていても、結婚後の地域では全く相場が違う為、義母や義妹たちに
その都度相談をし、連絡を取りながら用意する人も少なくありません。

最近では核家族化が進み、檀家ではない家庭も珍しくありません。葬儀や法事以外でお寺との付き合いがない人が増えていることから、「お気持ち」という料金設定が通用しなくなっているためです。
信仰心に対しての昔ながらの気持ちの習慣の為、中にはお坊さんの仕事をビジネスとしてとらえられることに違和感を感じている僧侶や、明細書に御布施と記載しない傾向を歓迎していない人もいますが、時勢に合わせてお守りやおみくじの金額のように価格表を明確に掲げるところも増えています。

お経の金額は1回ごとに発生します。葬儀の間には複数回の読経のタイミングがありますが、その1回ごとに御布施が必要です。平均的な金額は1回につき5万円から7万円です。
また、御布施には読経の費用だけでなく戒名料やお車代、場合によってはお食事代も含めて支払います。宗教や地域によって、あるいはプランによって葬儀の方法には違いがあり、いくら支払うのか必要経費も異なっています。
そして、1回のお経に対する明確な御布施はまちまちです。お寺の檀家であった場合や本家であった場合などには、多くの費用をかけるのが慣習となっている場合もあります。

また、核家族化の影響もあり葬儀の方法は多様化していますが、故人を見送る儀式であることを考えると、葬儀は簡素であってもお経は読んでもらいたいという人もいます。
覚えておくといいのは、お経にかかる金額は1回につきいくら、となっているということです。
葬儀を通して1人のお坊さんがお経を読んでくれるのが一般的なので、一通りの儀式が終わった後で、御布施としてまとめて現金で渡します。葬儀社が手配してくれたときには、請求書にて支払をするシステムになっていることもあります。

葬儀以外にも、お坊さんを頼む機会は命日、お盆、お彼岸など年に数回あります。納骨の時にも必要です。自宅の位牌の前やお墓の前で読んでもらい、だいたい10分前後の読経とちょっとした講話があり3万円前後が相場となっています。
檀家でなければ年忌の時だけ依頼することも多く、その際にも相場は3万円程度が一般的です。地方によってはお車代やお食事代として別に包むこともあります。インターネットで検索すると、お坊さんを派遣しているサイトがあります。
明確な料金設定となっているので、どのくらいが相場なのか分からず、いくら渡せばいいかと気に病む必要も無いので、気軽にビジネスライクで依頼できます。


●エンディングパーク
御布施がかかる通夜、葬儀、法要等のタイミングや、相場の目安としてまとめているサイトです。
「いくらくらい包んだの?」と人には聞きにくいという人は、是非こちらのサイトを参考にしてそれぞれの相場を確認して見て下さい。

http://en-park.net/books/8133


●お坊さんjp
上記にも紹介された、お坊さんの派遣サイトです。明確に支払う料金が表示されているので、あとから追加での支払いに悩むことがありません。

http://obousan.jp/


運営者情報
まるこ画像
名前 まるこ
性別 女性
自己紹介 法事で悩んだことをキッカケに色々と調べて学んだ内容をまとめています。